走りに装備そして価格も満点! 旅の相棒に使いまくりたいスズキ「Vストローム800」試乗!!

世界的に人気が高まっているアドベンチャー。スズキはVストロームシリーズをさらに充実させ、フラッグシップの1050と定評あるミドル650を埋める『Vストローム800』を10月25日に発売しました。バイクジャーナリストの青木タカオさんが先行発売した『Vストローム800DE』と比較しつつ試乗し、解説します。

死角なきVストシリーズ

 スズキ『Vストローム800』は10月25日に国内向けが発売されましたが、これより先(3月24日)にバリエーションモデルに相当する『Vストローム800DE』が先行投入されています。車名の末尾が無印、つまりスタンダードである『Vストローム800』が後発となりました。

スズキ『Vストローム800』をバイクジャーナリストの青木タカオさんが解説
スズキ『Vストローム800』をバイクジャーナリストの青木タカオさんが解説

 両モデルの相違点は、まずフロントホイール。大径21インチのワイヤースポークホイールを履く『Vストローム800DE』に対し、『Vストローム800』は剛性の高いアルミキャストホールで19インチとしています。

 タイヤはダンロップ製で、標準指定銘柄は『Vストローム800DE』がトレッド面をセミブロックパターンにしたTRAILMAX MIXTOUR、『Vストローム800』がD614/Fです。

左:21インチのワイヤースポークホイールを履くVストローム800DE 右:19インチのアルミキャストホールを履くVストローム800
左:21インチのワイヤースポークホイールを履くVストローム800DE 右:19インチのアルミキャストホールを履くVストローム800

 両モデルとも道を選ばないオールマイティなアドベンチャーモデルですが、800はロード寄り、800DEはダート志向とし、キャラクターの差別化が図られていることがタイヤを見てもわかります。

 250から1050までラインナップが充実するVストロームシリーズでは、下記のようにそれぞれにダート性能を高めたワイヤースポークホイールを装着するモデルが設定されています。

Vストローム1050DE:21インチ・ワイヤースポークホイール
Vストローム1050:19インチ・キャストホイール
Vストローム800DE:21インチ・ワイヤースポークホイール
Vストローム800:19インチ・キャストホイール
Vストローム650XT:19インチ・ワイヤースポークホイール
Vストローム650XT:19インチ・キャストホイール
Vストローム250SX:19インチ・ワイヤースポークホイール
Vストローム250:17インチ・キャストホイール

 ワイヤースポークホイールは荷重がかかると、ハブからリムにかけて張り巡らされた何本もの細い金属線(ワイヤー)がしなったりたわむことで衝撃を吸収します。

 キャストホイールはより頑丈で、密閉性の高い構造からチューブレス化できるのも大きなメリットのひとつ。オンロードスポーツでは主流となっています。

 ユーザーの要望に応えるべくVストロームシリーズでは、250、650、800、1050それぞれで両モデルを用意し、選択肢を広げています。なので筆者(青木タカオ)は『Vストローム800DE』が先行発売されたとき、すぐにキャストホイール仕様の登場が想像できました。

先行発売された「Vストローム800DE」
先行発売された「Vストローム800DE」

 大径21インチはダートでの走破性に優れ、『Vストローム800DE』はオフロード走行も想定した長旅の相棒として相応しいモデルとなっていますが、ハイスピードレンジでの巡航性やワインディングでの旋回性にも目をみはるものがあります。

 そこでオンロード性能をより高めているのが、後追いでデビューとなった『Vストローム800』です。高いコーナリング性能を際立たすため、DEでは片押し2ポットアキシャルマウントだったブレーキキャリパーを、対向4ポットラジアルマウントにグレードアップ。ストッピングパワーを高めるのはもちろん、コーナーアプローチでブレーキコントロールがより緻密にでき、踏ん張りの効く足回りとなっています。

足つき性に優れる無印

 車体のサイズ感は変わりませんが、『Vストローム800』のシート高は825mmで『Vストローム800DE』より30mm低くなりました。身長175cm、体重65kgの筆者の場合、片足立ちならカカトまで地面に届き、アドベンチャーモデルとしては足つき性は良好と言えます。

Vストローム800のシート高は825mm、身長175cmの筆者(青木タカオ)の場合、片足立ちならカカトまで地面に届く
Vストローム800のシート高は825mm、身長175cmの筆者(青木タカオ)の場合、片足立ちならカカトまで地面に届く

 オプションのローシートで20mmダウン、ハイシートで30mmアップも可能。車体重量は7kgの差があり、『Vストローム800』では223kgとしています。

『Vストローム800』に乗ると、オンロードでの軽快性と安定感が際立ち、乗り心地も上質なものになっていることがすぐにわかります。フロントの接地感がより高まり、クルージング性能やコンフォート性も向上。ロングライドでの疲労を軽減しています。

【画像】スズキ「Vストローム800」の詳細を画像で見る(20枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事