タイヤの空気圧はマメにチェック! ……って、何で?

バイクの日常的な点検の中で、真っ先に掲げられるのが「タイヤの空気圧のチェック」です。バイク雑誌やWEBのメンテナンス記事でも「マメにチェック」と言われていますが、どれくらいの頻度で行なえば良いのでしょうか? 必要な道具は?

空気圧が適正でないと、お財布にも悪影響!?

 そもそも、なぜタイヤの空気圧をチェックしなければならないのでしょうか? それは空気圧が適正でないと、タイヤの性能を発揮できないからに他ありません。たとえばどんなに高性能なハイグリップタイヤでも、空気圧が異常に低い、もしくは高いと、グリップ力が低下してしまいます。

タイヤの性能を発揮するには、適正な空気圧が重要
タイヤの性能を発揮するには、適正な空気圧が重要

「グリップ力」と言われると、深くバンクしてカーブをハイスピードで駆け抜けるイメージが湧いて「自分はそんなに深くバンクしたり、飛ばさないし……」と、あまり関係ないと感じるライダーもいるかもしれません。しかし、それはカン違いです!

 グリップ力が落ちると、普段、信号などで停止する時も制動距離が伸び、雨の日の濡れた路面でもスリップしやすくなります。また、タイヤが減りやすくなったり、燃費も悪化します。グリップ力の低下は、普通に乗っているだけでも安全性や経済性でデメリットがあります。だから「空気圧をマメにチェック」する必要があるのです。

1カ月に1度はチェック!

 タイヤは主にゴムで作られていますが、ゴムは想像以上に空気を通します。膨らませた風船が、意外と短期間でしぼんでしまうのと同じで、徐々に空気が抜けて空気圧が下って行きます。

チェーンケースに貼られた指定空気圧のステッカー
チェーンケースに貼られた指定空気圧のステッカー

 また空気は温度によって体積が変わるので、仮にまったく抜けなかったとしても、路面温度が高い夏場と気温が低い冬場では、かなり空気圧が変わってしまいます。

 というワケで、2週間に一度くらいは空気圧をチェックするのが理想的ですが、せめて1カ月に1回はチェックしましょう。とくに季節の変わり目で急に寒くなった時は、数日前にチェックしていた場合でも再チェックした方が良いでしょう。もちろん、ツーリングに出発する前にもチェックした方が安心です。

空気圧ゲージを手に入れよう!

 タイヤの空気圧をチェックするには、空気圧ゲージが必要になります。空気圧ゲージはバイク用品店やクルマ用品店、ホームセンターでも手に入ります。メーター式の方が見やすくて空気圧の調整もしやすいですが、安価でコンパクト、携帯に便利なスティック式もあります。

メーター式の空気圧ゲージは価格に幅があり、写真のブリヂストン製は約1万円ほどするが、1000円台からでも手に入る
メーター式の空気圧ゲージは価格に幅があり、写真のブリヂストン製は約1万円ほどするが、1000円台からでも手に入る

 空気圧はバイクによって異なるので、そのバイクの指定空気圧に合わせることが大事です。多くのバイクはスイングアームやチェーンケースに貼られたステッカーに指定空気圧を表示しています。もしステッカーが見当たらなければバイクの取扱説明書(ハンドブック)に記載がありますし、バイクメーカーの「お客様相談室」に聞くのもアリでしょう。

 空気圧をチェックして、もし指定空気圧より低かったら空気を入れますが、自転車用の空気ポンプが使えます。バイクのタイヤは自転車より太いので(とくに後輪)、まずは頑張って30回くらいポンピングして、再度空気圧をチェックしましょう。

空気圧チェックは、タイヤが冷えている時に!

 空気圧のチェックは冷間時、すなわちタイヤが冷えた状態で測るのがキホン。要するに「出かける前」です。もし空気圧ゲージや空気ポンプを持っていなかったら、ガソリンスタンド等でも空気圧チェックや補充ができますが、走っていると徐々にタイヤが温まってしまうので、できるだけ自宅から最寄りのガソリンスタンドでチェック&補充した方が良いでしょう。

タイヤの空気バルブに装着するL字型エクステンション。バイク用品店やWEBショップで500~1000円くらいで購入できる
タイヤの空気バルブに装着するL字型エクステンション。バイク用品店やWEBショップで500~1000円くらいで購入できる

 ちなみに、ガソリンスタンドの空気入れ(空気圧も測れる)は基本的にクルマ(4輪車)用なので、形状的にバイクだと使いにくい場合が少なくありません。とくに前輪がダブルディスクだと、どうにも使えない場合があります。

 そんな時は「L字型エクステンション」が便利です。安価でコンパクトなので、シート下の小物入れなどに常備しておくのも良いでしょう。

 また走行直後はディスクローターが非常に高温になっているので、L字型エクステンションの着脱時に素手で触れてヤケドしないよう、十分注意してください。

【画像】タイヤの空気圧チェックを画像でもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊藤康司

二輪専門誌『ライダースクラブ』に在籍した後(~2005年)、フリーランスの二輪ライターとして活動中。メカニズムに長け、旧車から最新テクノロジー、国内外を問わず広い守備範囲でバイクを探求。機械好きが高じてメンテナンスやカスタム、レストアにいそしみ、イベントレース等のメカニックも担当する。

最新記事