ヤマハ「YZF-R7 ABS」 新カラー&グラフィックを採用した2024年モデルを発売

ヤマハは、スポーツモデル「YZF-R7」の新型モデルを2024年3月15日に発売します。

新色の採用でスタイリッシュさを強化

 ヤマハは、スポーツモデル「YZF-R7」の2024モデルを3月15日に発売します。

ヤマハ「YZF-R7 ABS」
ヤマハ「YZF-R7 ABS」

 2021年に登場した新生YZF-R7は、1999年に世界限定500台が発売された当時のモデル(749ccの4気筒エンジン搭載)とは異なり、MT-07と同じく最高出力73hp/8750rpmを発揮する排気量688ccのCP2(クロスプレーンコンセプトの2気筒)エンジンを搭載したフルカウルモデルです。

 ヤマハの「R」シリーズの中で最も小さいフロント面積とすることで空力効率を最大限に高めたYZF-R7では、クリップオンハンドル、リセスドフットペグ、バンプストップシートを採用することで、スポーティなライディングポジションを実現。

 他のRシリーズと同じく精悍なフロントフェイスとしながら、LEDヘッドライトをセンターに配置することで独自性を打ち出しています。

 なお、2024年モデルでは、レースシーンを想起させ、高いパフォーマン スをダイレクトに表現したブルー、メタリックとマットのダークトーンのコンビネーションで造形美を際 立たせたブラック、1990年代のスーパースポーツのカラーリング に着想を得ながらモダンで先進的なイメージに仕上げたマットグレーのの3色をラインナップ。

 価格(消費税10%込)は、105万4900円となっています。

【画像】ヤマハ「YZF-R7 ABS」2024年モデルを画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事