通学に使いたい! 高校生(大学一年生)が乗れるバイクって何ccまで?

普通自動車免許と同様に、バイク免許も18歳からしか取得できないのでは?と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、一部バイク免許は、16歳になったら取得可能です。つまり高校生であってもバイクに乗ることができるということ。では、高校生が乗れるバイクの排気量はいったい何ccまでなのでしょうか。

高校一年生でも運転できるバイクって何ccまで?

 16歳になったら一部バイクの免許を取得できるようになるので、取得を検討している学生も多いのではないでしょうか。しかしバイクは、50ccから1000ccを超えるものまで幅広い排気量の車種が存在します。

高校生が免許を取得し、乗ることができるバイクの排気量は50ccから400ccまで
高校生が免許を取得し、乗ることができるバイクの排気量は50ccから400ccまで

 では、高校生が乗れるバイクの排気量はいったい何ccまでになるのでしょうか。

 そもそもバイクの免許の種類は、大きく分けて7種類あります。このうち高校1年生、16歳から取得できるのが、排気量50ccまでの「原付免許」、排気量125ccまでの「小型限定普通二輪免許」「AT小型限定普通二輪免許」、排気量400ccまでの「普通二輪免許」「AT限定普通二輪免許」の5種類。

 つまり、高校1年生から乗れるバイクの排気量は400ccまでということになります。学校で許可されていればバイクで通学することも可能なので、公共交通機関があまり充実していない地域では、バイクの免許を取得すれば毎日の通学の負担を減らすことができそうです。

 ただし、バイクの免許を取得するには16歳の誕生日を迎えるまで待たなくてはなりません。とくに1月から3月の早生まれの人は、高校に入学してから来年の誕生日になってようやく免許を取ることができます。

高校に入学して7月までに16歳の誕生日を迎える学生であれば、夏休みを上手く利用してバイクの免許を取得するという方法もある
高校に入学して7月までに16歳の誕生日を迎える学生であれば、夏休みを上手く利用してバイクの免許を取得するという方法もある

 なお、学生でも教習所に通うことは可能です。そのため、高校に入学して7月までに16歳の誕生日を迎える学生であれば、夏休みを上手く利用してバイクの免許を取得するという方法もあります。

 また教習所を卒業するときに16歳に達していればよいので、入校するのは15歳からでも問題ありません。1日でも早くバイクの免許が欲しい人は、誕生日と卒業のタイミングを計算して、15歳から教習所に通うという方法もひとつの手です。

 このようにバイク免許は、排気量で免許の種類が区分されていることがわかります。では、それぞれ交通ルールや取得条件はどのような点が異なるのでしょうか。

【画像】高校生(大学一年生)が乗れるバイクの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事