カワサキ「Z900RS」発売でZブーム再燃か!? 各カスタムメーカーからパーツが続々登場

「Z1」って、どんなバイク?

 1960年代末、ホンダが「CB750FOUR」で北米市場を席巻すると、カワサキも負けじと対抗馬を1972年に発売しました。それがカワサキ「900 SUPER4」通称「Z1(ゼットワン)」です。CBよりも大きな900ccエンジンを積み、パワーで上回り、そして流麗なスタイルで大型バイクの本場といえる欧米のバイクファンを魅了します。

ホンダ「CB750FOUR」

 そもそも60年代は、バーチカルツインと呼ばれる並列2気筒650ccで英国車が人気を誇っていましたが、ホンダCB750FOURは後に“ジャパニーズスタンダード”と呼ばれるほどにまで世界の二輪界に浸透する並列4気筒=インライン・フォーでそれを打ち破り、勢力図を塗り替えることに成功しました。

 CBがナナハン(750cc)であったため、カワサキは900ccで勝負に出ます。そして「DOHC」というカワサキ初の高度なメカニズムも搭載したのが功を奏します。

 カワサキは国内でも翌73年に「750RS Z2」をリリース。高性能に加えエンジンやフレームが丈夫で、80年代にかけて発売された国内外の後継機種も大人気モデルに。カワサキZシリーズは今なお人気が衰えることを知りません。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事