ホンダ次期「ハンターカブ」発売はユーザーの反響次第? デザイナーが語る「CT125」への想いと「CT110」への敬意

東京モーターショー2019で披露されたコンセプトモデル『CT125』
東京モーターショー2019で披露されたコンセプトモデル『CT125』
エンジンはホンダ「スーパーカブC125」と同様のものを搭載
幅の広いリアキャリアを備えたホンダ「CT125」。エアクリーナーも兼ね備えています
アップタイプのマフラーを採用する「CT125」。かつて販売されていた『CT110』を彷彿とさせるデザインとなっています
スポーク・ホイールとブロックタイヤを備えた「CT125」。優れたオフロード走行性能を予感させるセットアップです
東京モーターショー2019で披露されたコンセプトモデル『CT125』
ホンダ『CT125』のデザインを担当した鳥山英二さん
オフロード性能を演出するため、十分なロードクリアランスが与えられたCT125。創り手の拘りが込められたポイントです
過去のモデルへの敬意、尊敬を表し取り入れられた「ホンダ・ウイング」エンブレム。便利なフックも内蔵されています
多くのユーザーから親しまれているクロスカブ。様々なシチュエーションで活躍する万能選手です

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事