最新技術と伝統のデザイン イタリアンスクーター「ベスパ」が東京モーターショー2019で特別仕様車を展示

イタリアンスクーターブランド「ベスパ」は、東京モーターショー2019に特別仕様車を含む最新の「ベスパ」を3台展示します。

最新技術と伝統のデザイン、ベスパの世界観とは?

 ピアッジオグループジャパンは、10月24日(木)から11月4日(月・祝)まで、東京ビックサイトにて開催される「第46回東京モーターショー2019」にブース出展し、「ベスパ」ブランドから3台の最新モデルを展示します。

ベスパ「Sei Giorni エディションII」

 ベスパ「Sei Giorni(セイジョルニ)」は、イタリア語で「6日間」を意味します。その名称は1951年に開催された、まさに6日間で競う過酷なアベレージラリー「Sei Giorni Internazionale di Varese」用に特別に製造され、圧倒的な強さで9個のゴールドメダルを獲得し、伝説となったレーシングベスパ「Sei Giorni」を起源としています。

 この伝説的なレーシングベスパにインスパイアされて誕生した新しいSei Giorniは、新テクノロジー、ベスパ「GTS」シリーズが持つツーリング適正、そして本物のベスパレーシングの伝統を融合させたSei Giorniのコンセプトをさらに発展させて誕生しました。

 最新のSei Giorniは、ベスパ史上最も強力な23HPを超える、新型エンジン「300HPE(High Performance Engine)」を搭載し、ツーリングや冒険にも対応するラージボディは、市街地を優雅に移動するのに最適なスチールモノコックボディを特徴としています。

ベスパ「プリマベーラ S 125 スペシャルエディション」

 1968年に登場した初代「プリマベーラ」は、コンパクトで俊敏、そしてパワフルなエンジンで瞬く間にスクーター業界に革命をもたらし、1982年まで生産され続けたベストセラーモデルです。2014 年に復活を遂げた現代のプリマベーラは、半世紀前に成功を収めたそのすべての価値を継承しています。

 2019年10月に日本発売となった特別仕様車「プリマベーラ S スペシャルエディション」は、スポーティなスタイルを強調するオレンジの専用ボディカラーに、ダークグレーアクセントとボディサイドのストライプにより、エレガントで洗練されたかつての「プリマベーラ ET3」(1976年)のイメージを現代的に表現しています。

ベスパ「LX 125 i-get」

「LX」は2005年のベスパブランド誕生60周年を記念して誕生し、その名前はローマ数字の「60」に由来します(「L=50」+「X=10」)。

 日本では2019年10月より販売開始となった新型LXは、エレガントでクラシカルな外観と、軽量コンパクトでミニマルな使い勝手の良い車体はそのままに、LEDヘッドライトやUSBソケットなどの最新デバイスを新たに装備しています。また、エルゴノミクスと各部の品質も向上させ、足付き性やパフォーマンスも現代的な進化を遂げています。

※ ※ ※

 イタリア語で「スズメメバチ」を意味するベスパは、1946年に航空機製造のテクノロジーを応用して誕生し、個性的な外観に機能的なスチールモノコックボディや片持ちサスペンションなど、独自の構造が特徴となっています。

 若者を中心に新しい文化や現象を生み出してきたベスパの世界観は、73年以上の時を経ても世界中で多くのファンに支持され、現在のベスパは排気量50㏄から300㏄のモデルまでラインナップしています。

 東京モーターショー2019のベスパブースは、東京ビッグサイト南展示棟3・4ホール(4階)です。2台の特別仕様車と1台のロンセラーモデルを展示し、最新のベスパとその独特の世界観を演出する内容となっています。

【了】

最新と伝統が融合するベスパの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事