気になる持続化給付金 申請した友人に聞いてみました

バイクタレントとして活躍する岸田彩美さんは、新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者などを対象にした持続化給付金の申請に挑戦したようです。その手順とはどのようなものなのでしょうか。

手順を踏めば以外と楽!?

 こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。今回は、いつもとはちょっぴり違うお話です。気になっている方も多いはず……の「持続化給付金」について実際に申請したライター業をメインに活動する友人がいましたので、どうだったのか色々聞いてみました。

 期間は今年いっぱい。私自身も用意する必要がありそうなので、ドキドキです。

バイクタレントとして活躍する岸田彩美さん

 最初にお伝えしますと、その友人。なななんと! 5月1日の申請スタートの日に申請して、早速5月8日の午前中には給付金100万円が振り込まれたそうです。ものすごい速さですね。

 GWを挟んでいたこともあり、振込時期はまだまだ先かなと思ってたそうですが、「私たちがお休みの間にもお仕事をしてくれた人がいるってことだから、感謝の気持ちでいっぱいだよ~」と言っていました。
 
 言われてみれば、医療現場はもちろんですが、なるべく自粛している一方で、生活の基盤を守るために休めない人もいるんですよね。
 
 ちなみに、友人は、今回の新型コロナウイルスの影響により、去年に比べて売り上げがかなり減ってしまったそうです。この給付金でまだまだ頑張れそうだよと前向きになれたみたいなので、ほっとしています。
 
 かくいう私も、イベントのキャンセルは仕方ないとはいえやっぱりあるので……早めに用意するしかない! 彼女の話はいいきっかけでした。
 
「特にコールセンターに確認をすることなく、自分で資料を読みつつTwitterなどのSNSでも様々な情報発信をしている方もいるから参考になったよ」という話をきいたので、まず私も持続化給付金ホームページにアクセス。自分なりに情報を収集しつつまとめていきたいと思います。

 ホームページを見てみると、わかりやすくまとまっていると思えます。そして必要書類はスマホの写真でも良い点が、なんとなく親近感が湧きました。ぐっと心のハードルが下がったのと、案外難しくないのかも…?という第一印象を抱きました。では早速その詳細を見ていきましょう。

①対象者
大きく分けて中小法人等または個人事業者で分かれます。今回は個人事業者の申請方法でお伝えしますね。こちらはフリーランス等幅広く対応しているとのこと。

個人事業者の大きな給付対象者は
■2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業継続する意思があること。

■2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること。

 その他申請特例もあるとのことですので、各個人で対象者要件のページをご確認くださいね。

②申請方法等
申請方法・必要書類(証拠書類)ページの一番下に資料ダウンロードページがあります。

“個人事業者等 持続化給付金 申請要領 ガイダンス”はかなり細かく記載されているので、このページを読みながら進めていけば出来そうです。

③まずは仮登録と必要書類
持続化給付金 申請仮登録フォームからメールアドレスを入力して登録します。GW前だけあって5月1日の午前中は、仮登録をしようとした時点でサーバーがパンク状態だったと聴きました。何度やってもダメで、時間がかかりそうだなと見込んで、必要書類を先に準備したそうです。

【法人・個人事業者共通】
■2019年(度)の確定申告書類
毎年e-Taxで確定申告をしていれば、収受日付印は無くても受信通知の添付で良いそうです。国税庁の確定申告コーナーメッセージボックスに届いているのを“Snipping Tool”(パソコンのソフトに入っている方も多いはず)を使って、キャプチャすれば準備はOK。
私も確定申告は電子派なので、これは簡単でいいですね。

■対象月の売上台帳等
この売上台帳は、2020年◎月と明確に記載されているなど、対象月の事業収入額がわかれば手書きでもいいんですって。友人はExcelでデータを作って送ったとか。

■通帳のコピー
電子通帳の場合、紙通帳が無いのでどうしようかと思いますが、電子通帳等の画面等の画像を提出で良いとのことで通帳の画面をキャプチャ。いい感じで準備が進みます。

【個人事業者のみ】
■本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)免許証をスキャンしてデータ化
申請に必要な書類はデジタルデータ(PDF・JPG・PNG)で、スマートフォン等の写真データでも可とのこと。

次はいよいよ申請!

④ 次は、 いよいよ申請
GW前はサーバーがダウンしてしまい、夕方頃まで待ってから再度チャレンジ。何度か試していると、申請フォームが出てきたのでそこからサクサク入力という様子だった模様。

あらかじめ書類をまとめておくことが、焦らずにすむ秘訣だそうです。金額も計算してくれるから、難しい事はないよ~とのことでした。

業種を選ぶところでは、サービス業で登録したそうですが、事業の種類がたくさんあるので、人によっては分からない人も出てきそう。私も検索してみることにしました。タレント? MC業って……やっぱりサービス業? また友人が申請した時点で、3万番台だったんですって。

バイクタレントとして活躍する岸田彩美さんの友人宛に届いた持続化給付金のハガキ

⑤手続きしたその後
彼女の場合、不備がないか心配だったけれど、特に連絡もなかったそうです。持続化給付金のホームページからマイページにログインして、間違いがないか何度も確認したけれど、もし間違いがあってもマイページから修正出来ないから待つしかないそうで、そこはちょっとドキドキしますね。

ちなみに彼女は、5月4日の首相の会見で「最も早いところで5月8日から入金を開始する」と言っていたので、5月8日に口座をチェックしてみたら早速100万円の給付金の振り込みがあったそうです。

迅速に対応していただいたから、純粋に嬉しかったし、気持ちが楽になったと言っていました。賃貸の他、本当に急ぎの人もいると思いますし、これは聞けて良かった情報です。

他にも何人か聞いてみたのですが、どうも申請した順番通りに給付されているのかは不明。ランダムなのかもしれませんね……。

⑥話を聞いてみて・今後について
電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行ってくれる“持続化給付金の申請サポート会場”の情報もありました。(予約制)わからない方は、この会場に足を運ぶのもアリだと思います。

実際に給付された友人の話を聞くことが出来て、スムーズに対応してくれたことを私も感じることができ、国が何とかしようとしている姿が良く伝わりました。

しかしその背景には、たくさんの方々が動いてくださるからだと思うので、本当に感謝しかないですよね。

※ ※ ※

 持続化給付金の申請受付期間は、令和3年1月15日(金)まで。申請後、通常2週間程度登録の銀行口座に振込とのことです。

 フリーランスで働く方々は、月ごとで売り上げが変動しますからね……。申請の受付期間が長いこともありがたいなと感じました。私もおかげさまで今回用意は大方できたので、後は出すだけ。まだ申請していない方の励みになれば幸いです。

【了】

【画像】持続化給付金の申請方法の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事