電動バイクの立ち位置とは? まずは必要とされるモビリティとして利便性を重視

2021年6月中旬に発売予定のTROMOX「MINO」、SUPER SOCO「CUmini+」発表会の様子
XEAMが扱う電動バイクの中でも最も乗りやすいスペックになっているSUPER SOCO「CUmini+」
走りも楽しめる原付1種に区分される電動バイク、TROMOX「MINO」
原付1種に区分される電動スクーター、SUPER SOCO「CUX」
原付2種に区分される電動スクーター、niu「NQi GT」
Zero Motorcycles「SR/F」(バイカーズパラダイス南箱根にて)
MSソリューションズ代表取締役社長の塩川正明氏
SUPER SOCO「TC MAX」運転にはAT普通自動二輪免許以上が必要
「バイカーズパラダイス南箱根」で開催された試乗会ではXEAMが扱う電動バイクが並んだ

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事