今まで以上にバイクがもっと好きになるオススメの映画4選

バイクが登場する映画の中には、思わずバイク好きが心を打たれてしまう作品が多く存在します。今回は、バイクがもっと好きになること間違いなしのオススメ映画を4作品紹介していきます。どの作品も映画史に残る名作ばかりなので、映画好きの方も必見です。

もっとバイクを好きになれる!オススメ映画4選

●イージー・ライダー(1969年、日本では1970年公開)

イージー・ライダー(1969年、日本では1970年公開)

 アメリカの田舎道をバイクで旅する若者2人の姿に、思わず心を震わせてしまう「イージー・ライダー」は、バイク映画の中でも不朽の名作です。

 アメリカ西部の広大な自然の中、若き2人の男がチョッパーに改造されたハーレーダビットソンに乗って、走り抜ける姿が印象的です。

 ハードロックやブルースなどの音楽をバックに、目的もなく、田舎道を自由気ままに走り抜ける姿は、「本当の自由とは何か」を考えさせられます。そして、映画の中に登場する魔改造されたハーレーは、かっこいいと言わざるえない魅力を秘めています。

 登場するバイクは、ロサンゼルス市警のバイクがベースになっていると言われています。実際に劇中では、1965年式のハーレー・ダビッドソンにパンヘッドエンジンを搭載、デュオグライドというモデルを素材にしています。しかし、実際は1949年式以降のハイドラグライドのフレームに、1952年式のエンジンを搭載してました。

●大脱走(1963年公開)

 公開から50年以上経った今でも普及の名作として映画史に名を残すのが「大脱走」です。

 この作品は、スティーブ・マックイーン 演じる主人公ヒルツが、ラストシーンでトライアンフを乗り回し逃走します。昔ながらの男前がトライアンフで駆け抜ける姿に影響され、実際に同じ車種を手に入れるバイク好きも少なくありません。

 ヒルツは、モーターサイクル・ライディングの名手という設定です。そして、演じているマックイーン自身も、実際にオフロードモーターポーツ栄誉の殿堂入りをしている経歴があり、それぞれシンクロしている部分も見どころです。そのため、映画の中でトライアンフをライディングするシーンでは、プロのテクニックを活かした気持ちのいい走りを魅せてくれます。

Triumph TR6 TROPHY(トライアンフ ティーアール6 トロフィー)

 この映画で、マックイーンが乗っていた車種は、「Triumph TR6 TROPHY(トライアンフ ティーアール6 トロフィー)」で、本来ロードバイクとして使われるモデルです。しかし、映画の中では、ブロックタイヤに変更されており、アクロ走行できる仕様になっています。

●パルプ・フィクション(1994年公開)

 無類の映画好きからも人気を集める「パルプ・フィクション」も、またバイク好きを唸らせる映画のひとつです。

 劇中では、ブルース・ウィルス演じるブッジ・クーリッジが、ハーレーデビッドソンを乗り回しています。ブッチのようにワイルドな男がチョッパースタイルのハーレーに乗っている姿は、グッとくするポイントでしょう。

 また、ブッチのセリフには、「これは、バイクじゃない、チョッパーだよベイビー」という言葉が登場し、バイク好きであることが伝わってきます。さらに、このバイクには「グレース」という女性の名前が付けられいるのもポイントです。このように、ブッチがバイクをこよなく愛している姿は、世のバイク好きにも共感を得るでしょう。

 そんなブッチが乗っている車種は、ハーレー・ダビットソンのFXRスーパーグライド。ハーレー市場の中も、最強といわれるハンドリングを持ったマシンで、1980年代を代表する車種とも言われています。

●ミッション・インポッシブル(1996年公開)

 絶対絶命のピンチを乗り切る主人公の姿に、ハラハラドキドキするアクション映画の名作が「ミッション・インポッシブル」です。

 この作品には、迫力満点のバイクアトラクションが登場します。それは、トム・クルーズ演じる主人公イーサン・ハントが、敵の攻撃を交わしながら、バイクで走り抜けるシーンです。標高300mの曲がりくねった山道を走るその姿は、見ているこちらも思わずハラハラしてしまうでしょう。

 このシーンは、CGやスタンドマンを一切使用せず、トム・クルーズ本人がバイクを運転しているとのことです。そのドリフトやライディングテクニックは、素人にはできない離れ技です。これを器用にこなしてしまうトム・クルーズの身体能力や俳優魂はもちろん、実際にバイクを乗りこなしているその姿に、思わず痺れてしまうでしょう。

 また、作中で使われるバイクの車種は「BMW S1000RR」です。圧倒的なパワーとパフォーマンスを誇る世界的な人気車で、レースやスポーツ走行でも、サラブレットとして君臨するバイクです。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 BMW R nineT Scrambler Chiabella James ? 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 なお、ミッション・インポッシブルは全6作品ありますが、続編でも随所にバイクで疾走する場面が盛り込まれています。

 ※ ※ ※

 バイクをもっと好きになってしまう映画の多くは、やはり俳優自身の魅力も大きく影響しています。さまざまな俳優が、映画の中で颯爽とバイクを乗りこなしている姿を見れば、バイクに興味がなかった人でも思わず引き込まれてしまうでしょう。

 バイクが好きな人も、そうでない人にも、ぜひ一度チェックしてほしいものばかりです。かっこいいは男たちがバイクを乗りこなす姿に、酔いしれてください。

【了】

【画像】バイクがもっと好きになる映画の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事