ホンダ「CBR250RR」再考。ライバルは? ルーツは? より突き抜けるためには……!? 走り出したら妄想が止まらない

身長182cmの筆者(中村友彦)がシート高790mmの車体にまたがった状態
ホンダ「CBR250RR」(2020年型)カラー:マットガンパウダーブラックメタリック
セパレートタイプのハンドルバーは前傾姿勢がとりやすい角度に。スロットルはワイヤー構造ではなく電気信号を介して伝達する「スロットルバイワイヤシステム」を採用
メーターは液晶フルデジタルを採用。速度とギアポジションを大きく表示し、回転計はバータイプに、ライディングモードも認識しやすい
容量14リットルの燃料タンクは後端部が絞られニーグリップしやすい形状
前後セパレートタイプのシート。ライダー側のシートは先端が細く絞られ、ニーグリップと足つき性に配慮
フロントフォークはSHOWA製の倒立タイプ。ブレーキはNISSIN製片押し2ピストンキャリパーにウェーブ形状のフローティングシングルディスクを組み合わせる
排気量249ccの水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。クラッチレバーの操作荷重軽減と、急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを軽減する「アシストスリッパークラッチ」を新採用
リアブレーキにはNISSIN製片押しシングルピストンキャリパーにシングルディスクを組み合わせる
アルミ製スイングアームは車体右側が「への字形状」となる左右非対称
オプション設定となる「クイックシフター」。クラッチ操作なしで素早いシフトチェンジ(アップ/ダウン)が可能
ホンダ「CBR250RR」(2020年型)に試乗する筆者(中村友彦)
カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」にも試乗する筆者(中村友彦)
ホンダ「CBR250RR」(2020年型)カラー:マットガンパウダーブラックメタリック
LEDデュアルヘッドライトを装備し、ルックスも特徴的なホンダ「CBR250RR」(2020年型)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事