バイクで往く城跡巡り 千葉県の勝浦城に残る「お万布ざらし」の伝説とは?

八幡岬は、勝浦湾の東側に突き出た半島。蒼く広がる太平洋の海原を眺望することができる
勝浦城の主郭と見られる「八幡神社」は崖の上に立地している。険しい断崖絶壁の上に建っていたことが想像できる
勝浦城の主郭と見られる「八幡神社」は崖の上に立地している。険しい断崖絶壁の上に建っていたことが想像できる
勝浦城の主郭と見られる「八幡神社」は崖の上に立地している。険しい断崖絶壁の上に建っていたことが想像できる
戦国時代を生き抜き、のちに水戸黄門の祖母として知られるお万の伝承が残る「八幡神社」
神社の麓には城の言い伝えやお万の伝承が記されていた
14歳で城を追われ、享年77歳の生涯は、人々に語り継がれるほど人心を尽くしたであろうお万の銅像が建っていた
14歳で城を追われ、享年77歳の生涯は、人々に語り継がれるほど人心を尽くしたであろうお万の銅像が建っていた
「勝浦城跡」は「八幡神社」を含む「八幡岬公園」となっており、駐車場も完備されている。バイクを停めて徒歩で進む
八幡岬は、勝浦湾の東側に突き出た半島。蒼く広がる太平洋の海原を眺望することができる

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事