カワサキ「Z H2」2021年モデル登場 “SUGOMIデザイン”を引き立てるオールブラックカラーを採用

カワサキはスーパーチャージド・エンジン搭載のネイキッドモデル「Z H2」の2021年モデルを発売します。新型モデルでは力強さを際立たせるメタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラックの外装色が採用されました。

「漢」らしさに磨きをかける新色を採用

 カワサキはスーパーチャージド・エンジン搭載のネイキッドモデル「Z H2」の2021年モデルを2020年12月1日に発売します。

カワサキ「Z H2」2021年モデル(メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック)

 2019年に開催された東京モーターショーで世界初公開され話題を集めたネイキッドモデル「Z H2」は、同社のスポーツモデル「Ninja H2R」「Ninja H2 CARBON」、「Ninja H2 SX」シリーズなどと同じく、完全自社製のスーパーチャージドエンジン搭載のネイキッドモデルです。

 最高出力200PS/1万1000rpmを発揮する998ccのエンジンを、低中速走行時の操縦性と高速域走行時の安定性のバランスが良い新設計のトレリスフレームに搭載するZ H2では、路面状況をつかみやすいショーワ製SFF-BPフロントフォーク、リヤサスペンションを採用。

 併せて発進時の効率的な加速をアシストするKLCM(カワサキローンチコントロールモード)、クラッチ操作なしでシフトチェンジを可能にするKQS(カワサキクイックシフター)、常に車体姿勢を検知してKIBSやKTRCへ情報をフィードバックするボッシュ社製IMU(慣性計測装置)などを備えることで優れた操作性と安全性を高めています。

 スーパーネイキッドらしい野生味を視覚化した“SUGOMIデザイン”を採用したZ H2の価格(消費税込)は189万2000円、外装色はメタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラックのみの展開となっています。

■カワサキ「Z H2」主要諸元
全長×全幅×全高 2,085mm×810mm×1,130mm
軸間距離 1,455mm
最低地上高 140mm
シート高 830mm
キャスター/トレール 24.9°/104mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ゙
総排気量 998cc
内径×行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/11.2:1
最高出力 147kW(200PS)/11,000rpm
最大トルク 137N・m(14.0kgf・m)/8,500rpm

【了】

【画像】いろんな色のカワサキ「Z H2」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事