バイクに3気筒エンジンが少ないのはナゼ? じつは魅力的なトリプルエンジンの個性と歴史

ヤマハ「MT-09 SP」(2020年型)カラー:ブラック
排気量845ccの水冷直列3気筒DOHC4バルブエンジンを搭載
MVアグスタ「DRAGSTER 800 RR SCS」と筆者(伊丹孝裕)
同様の3気筒エンジンを搭載するMVアグスタ「DRAGSTER 800 RR SCS」(左)と「SUPERVELOCE 800」(右)
トライアンフ新型「TRIDENT 660(トライデント660)」(税込価格97万9000円)排気量660ccの水冷並列3気筒DOHC12バルブエンジンを搭載(2021年1月発売)
トライアンフ「TRIDENT(トライデント)」(1992年)
2019年よりトライアンフの並列3気筒エンジン(排気量765cc)がMoto2クラスに独占供給されてる
スズキ「GT750」(1971年)
2021年春より日本導入予定のヤマハ「MT-09 ABS」(2021年型)は、排気量890ccの水冷4ストローク直列3気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する ※写真は欧州仕様
2021年型のヤマハ「MT-09 ABS」と同様のエンジンを搭載する「TRACER9 ABS」(2021年春より日本導入予定) ※写真は欧州仕様
2020年型のヤマハ「MT-09 SP ABS」は、排気量845ccの水冷4ストローク直列3気筒エンジンを搭載
2020年型となるヤマハ「XSR900 ABS」には同年型「MT-09」の3気筒エンジンを搭載
排気量798ccの並列3気筒エンジンを搭載するMVアグスタ「DRAGSTER 800 RR SCS」(税込価格257万4000円)に試乗する筆者(伊丹孝裕)
トライアンフ「TRIDENT(トライデント)」(1968-1975年)の並列3気筒エンジン(排気量750cc)を搭載したレースマシン“Slippery Sam”
ホンダ「NS500」とフレディ・スペンサー(1983年)
カワサキ「750SS MACH IV」(1971年)
2019年よりトライアンフの並列3気筒エンジン(排気量765cc)がMoto2クラスに独占供給されてる

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事