KTM「1290スーパーアドベンチャーR」 これはオフロードマニアが選ぶべきアドベンチャーバイクかも!?

KTM「1290 SUPER ADVENTURE R」(2021年型)
KTM「1290 SUPER ADVENTURE R」(2021年型)に試乗する筆者(松井勉)
排気量1301ccの水冷75度V型2気筒DOHC4バルブエンジン搭載。最高出力160hp、最大トルク138Nmを発揮
KTMのストリートモデルに共通する特有のデザインとなるLEDヘッドライトにはコーナリングライトを装備。長さ55mmのウインドシールドは手動で高さ調整可能
幅広のアルミ製ハンドルバーはテーパードタイプ。ワイヤーではなく電子スロットルを採用し、メニュースイッチは暗い場所で点灯する。キーレスなのでキーシリンダーは無い
メーターには角度調整可能な7インチTFTディスプレイを装備。ハンドル左のメニュースイッチで各種機能を表示、設定を行なう
走行環境に応じたライディングモードの選択と設定もディスプレイを見ながらメニュースイッチで操作する。オフロードモードではリアブレーキのABSが解除される
燃料タンク上部の給油口の前方には雨や埃を防ぐUSBソケット付コンパートメントを装備
3ピースで構成される容量23リットルの燃料タンクはエンジン側部まで覆う縦長の「洋梨」形で大容量を確保し、低重心、転倒時の車体保護、ライダーとの接点スリム化などメリット満載
シートは前後に長く段付きの一体型
ヘッドライトやテールライト、ウインカーなど灯火類はLEDを採用。写真はブレーキランプとハザードランプを点灯した状態
ブレーキはBosch製コンバインドABS標準装備。フロントブレーキは直径320mmのダブルディスクとラジアルマウントされたBrembo製4ピストンキャリパーの組み合わせ
リアブレーキは直径267mmのシングルディスクとBrembo製片押し2ピストンキャリパーの組み合わせ
前後サスペンションは電子制御システムではなくフルアジャスタブルのWP製を装備
KTM「1290 SUPER ADVENTURE R」(2021年型)に試乗する筆者(松井勉)
KTM「1290 SUPER ADVENTURE R」(2021年型)にはフロント21インチ、リア18インチのチューブレスタイヤに対応したワイヤースポークホイールを装備
身長183cmの筆者(松井勉)がシート高880mmのKTM「スーパーアドベンチャーR」(2021年型)にまたがった状態。テスト走行は激しい雨の中で行なわれた
KTM「1290 SUPER ADVENTURE R」(2021年型)に試乗する筆者(松井勉)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事