ラリーマシンのイメージを具現化 ヤマハの新型アドベンチャーバイク「テネレ700」とは?

ダカール・ラリー参戦モデル同様4つのLEDライトが特徴的なフロントマスク
メーター部には軽量コンパクトなラリースタイルの縦型多機能LCDディスプレイ、ハンドルは両端に向かって細くなるテーパータイプを採用
エンジンはヤマハ「MT-07」同様の排気量698cc水冷並列2気筒に専用のチューニングを施す
ヤマハ新型「Tenere700(テネレ700)」に乗る筆者(松井勉)
2019年のダカール・ラリーに参戦するヤマハのラリーマシン「WR450F Rally」(ライダー:X・ソルトレート)
ヤマハ新型「Tenere700(テネレ700)」
舗装路でもスポーティで軽快な走りを見せる「Tenere700(テネレ700)」
立て気味の長いフロントスクリーンから燃料タンクを覆うカウル形状は、風や雨からライダーを保護する役割を持つ
ヤマハ新型「Tenere700(テネレ700)」に乗る筆者(松井勉)
ヤマハ新型「Tenere700(テネレ700)」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事