ホンダ「ADV150」でキャンプに行こうと思ったら? シート下の収納力に驚いた

シュラフ、テント&ポール、マットという最低限寝られるだけの道具を入れてみました。まだまだ入りそう
あれこれ詰め込む途中の写真です。ポールの下にマット、テントを横向きにして、隙間にランタンを置きました
シート下ラゲッジにこれだけの装備が入っていたんです。料理をしないお手軽キャンプなら十分に楽しめますよ
25リットル程度のザックを用意し、さらに装備を追加しました。調理道具や焚き火台などを入れてもまだ余裕があります
ザックに入れたものの全貌。バーナーやコッヘルのほか、レインウェアや三脚、焚き火台、スペアのランタンや虫よけまで入りました。ここまで持てばかなり本格的な快適なキャンプが楽しめますね
最終的に、こんな格好でキャンプ場に到着しました。焚き火台が飛び出ているのがスマートじゃありませんが、キャンプツーリングとは思えない身軽さです
参考までに、いつも使っているサイドバッグを載せてみました。安定はしますがちょっと横の張り出しが厳しい感じです
リアシートに25リットル程度のシートバッグを積んでみました。グラブバーの形状がストレッチコードを掛けやすいので、積載性は良いと思います
帰路はザックをリアシートに縛ってみました。安定感も良く、何の問題もありませんでした
じつはザックのサイドポケットに小さなタープも詰めてきました。ポールは省略して、木とバイクを利用してタープを張りました
ホンダ「ADV150」はまさにSUVテイスト。街中でのコミューターとしても優秀ですが、アウトドアで遊ぶツールとしても楽しめます
「ADV150」のスタイリングはキャンプシーンのようなアウトドアイメージがよく似合いますね。キャンプ場内のダート路移動でも安心感があります
ラゲッジボックスにヘルメット(SHOEI J-ForceⅣ)を入れてみたところ。けっこう余裕があるのがわかります
最終的にはテーブルに加え、イスやシュラフカバーまで入ってしまいました
ラゲッジボックスに収納できたもののすべて。最低限とはいえ飲食以外のものはすべてまかなえている、と言えます

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事