販売店に聞く電動バイクのオーナー像 BMWの電動バイク「Cエボリューション」の場合

話を伺った芳賀健太さん。ご自身では草レースを楽しんでいたが、今年はお休み中だとか
ハンドル左の下、インナーレッグシールドにケーブルの接続口がある
身長153cmの筆者(伊藤英里)が「C evolution」にまたがった状態。片足でもかかとが浮く。両足で支えようとすると、シートの前方へ身体を相当移動する必要がある
BMW Motorrad「C evolution」に試乗する筆者(伊藤英里)
2017年に新登場となったBMWの電動バイク「C evolution」
充電はハンドル左の下、インナーレッグシールドにある接続口にケーブルを差し込む。充電には200Vコンセントが必要だが、これを備える充電スポットは多くない。バッテリーは車体に内蔵されており、取り外し式とは異なる
充電のために来店するケースは多くはないそうだが、もちろんBMWモトラッド各店で充電することは可能
取材は甲州街道沿いに店舗を構える『BMWモトラッド世田谷店』の協力を得て行なった

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事