ヤマハ新型「NIKEN(ナイケン)」 雨天時でもコーナリング性能に死角なし

レプリカ世代にドンピシャ!クローズドコースで膝を擦っても安心感あり

 ナイケンのメインターゲットは45歳前後。ヤマハ発動機株式会社MC事業本部の加藤 新さんはこう言います。

「バイクの知識や経験が豊富で、常に新しい経験、技術に興味を持っており、走りへのこだわり、プライドを持っている人。普段ほとんどバイクに乗っていないにも関わらず、年に1回行くか行かないかの道で、思いっきりスポーツライディングを楽しみたいと思っているベテランライダー。ナイケンはそんなライダーに最高のコーナリングプレジャーを提供します」

「NIKEN(ナイケン)」のメインターゲットは45歳前後

 また、加藤さんの話によると、ナイケンでは1000cc前後のスーパースポーツ、スポーツ・ツーリング、デュアルパーパスセグメントからの買い替えを見込んでいるとのことで「いつもより余裕を持ったコーナリング、安心感があるから奥さんを連れ出したくなるかもしれません」とも言います。

 たしかに、フロントから滑るという不安感はまったくと言っていいほどなく、緊張や不安が伴わなず疲れないこともナイケンの持ち味です。この日のような雨天時の走行は、2輪のバイクなら疲労感が心身ともにもっと激しいはずで、ナイケンならば“ゆとり”を持って走れるので視野が広くなり、安全性にも好影響を及ぼしてくれます。

 ゆとりを持つ走りは、「より遠くへ」という願望を叶えさせてくれるでしょうし、ナイケンには高速道路の巡航も快適にするクルーズコントロールが備わっています。

「NIKEN(ナイケン)」とテスター(青木タカオ)

 今後、ヤマハはLMWのラインナップを増やすでしょうから、ロングライドを得意とするグランドツアラーやアドベンチャーモデルの登場も期待せずにはいられません。あらゆるシチュエーションで、もっとLMWを味わってみたくなります。ナイケン、そしてLMWの今後に目が釘付けです。

【了】

提供:くるまのニュース

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

1 2

最新記事