• バイクのニュース
  • ニュース
  • ヤマハ3輪バイク「NIKEN GT」、小排気量スポーツ「YZF-R25」登場 個性豊かな新型車でユーザーにアプローチ

ヤマハ3輪バイク「NIKEN GT」、小排気量スポーツ「YZF-R25」登場 個性豊かな新型車でユーザーにアプローチ

前2輪の3輪バイク「NIKEN」や「MTシリーズ」などの個性豊かなモデル、本格的なスポーツ走行を楽しめる「Rシリーズ」などを製造・販売するヤマハは、日本を代表するバイクメーカーです。

様々なテーマに合わせ構成されたヤマハブース

 ヤマハは2019年3月15日から開催された第35回大阪モーターサイクルショー2019で「NIKEN GT」や「YZF-R25」などの新型車を中心に、多数のモデルを展示しました。

ワイズギア製アクセサリーを装着したヤマハ「YZF-R25」

“GO with YOU―風薫る旅へ“というテーマを掲げたヤマハブースでは、カモフラージュ仕様とされたバイクとテントなどで構成されたキャンプツーリング、「NIKEN GT」を中心にした「スポーツツーリング」など、テーマに沿った車両を固めて展示することで、それぞれの世界観を演出。

 新型「YZF-R25」を中心とした「Rシリーズ」や、「MTシリーズ」、「MAXシリーズ」などモデルブランドごとのコーナーも設けられました。

 中でも多くの来場者から注目を浴びていた小排気量スポーツバイク「YZF-R25」は、最上位クラスの「YZF-R1」のスタイリングを踏襲したもので、250ccクラスでありながら高級感のある外観と高い走行性能が与えられています。

3輪バイク「NIKEN」に待望のツアラーグレードが登場

「YZF-R25」と共に話題を集めていた3輪バイク「NIKEN」のツーリングスポーツ・グレード「NIKEN GT」では、大型のスクリーンやグリップウォーマー、厚みを増した専用シートなど、多彩な装備を追加。

大型スクリーンなどを備えたヤマハ「NIKEN GT」

 専用ボディカラーであるマットダークパープリッシュブルーメタリックを採用することで、スタンダードの「NIKEN」とは違った雰囲気を放ちます。

 その他、大阪モーターサイクルショーのヤマハブースではカラーリング変更し、4月1日から販売される「MT-09 ABS /MT-10 ABS」など、これから導入されるモデルも多数展示。

 3月22日から開催される東京モーターサイクルショー2019でも同様のブースが展開される予定です。

【了】

ヤマハ新型車の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事