日本ミシュランタイヤ 国内市販用タイヤの価格を3%~4%引き上げ!!

ブリヂストンに続き日本ミシュランタイヤも業努力の範囲内では製品価格の維持が難しくタイヤ価格引き上げへ!!人件費や物流コストの上昇が理由

人件費や物流コストの上昇で販売価格引き上げ!!

日本ミシュランタイヤは、ミシュラン・ブランドならびにBFグッドリッチ・ブランドの国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を改訂すると発表しました。

3%-4%の値上げを行う日本ミシュランタイヤ

 国内外における人件費、およびマーケットニーズの多様化による物流経費上昇のため、ミシュランは生産性向上やコスト削減などを行なっていましたが、企業努力のみでこれを吸収することは困難な状況であると判断し、国内市販用製品の価格の引き上げを決定しました。

 具体的な値上げ対象商品と値上げ時期は、二輪用タイヤ2019年9月1日(3%)、二輪用タイヤ一部製品(※1)2019年7月1日(4%)、乗用車・ライトトラック用タイヤ(夏・冬)2019年9月1日(3%)、トラック・バス用タイヤ(夏・冬)2019年8月1日(3%)、建設・鉱山・産業車両用タイヤ(夏・冬)2019年8月1日(3%)です。

 (※1)スクーター用タイヤ、Pilot Streetシリーズ、M35(流通関係・販売店などにはご案内済となります)

二輪車用タイヤ MICHELIN PILOT ROAD 4

 今回の値上げについて日本ミシュランタイヤ広報部にお話をお聞きしました。

 ――二輪用タイヤは、一部3%の引き上げでなく4%になっている理由をお教えください。

 A.今回コスト上昇分の一部を出荷価格に転嫁させていただく形となりますが、
コストにつきましては実質的に製品カテゴリー(トラック・バスや乗用車用など)やそのサイズ、またそれぞれの出荷量によりその構成比が異なります。
そのため、それらを考慮して加重平均化した結果、「二輪の一部製品」のみ4%とさせていただいた形となります。

 ――消費税が10%に引き上げられます。その場合は、さらなる値上げはありえますか?

 A. 現時点では未定です。
 ※※※

 ブリヂストンに続きミシュランもタイヤの価格の引き上げを発表しました。消費税が10%になり国内物価も上がった場合タイヤメーカーとしては、さらなる値上げもあるのでしょうか。

【了】

ミシュランタイヤの写真を見る

画像ギャラリー

最新記事