レースの世界で培った技術をスクーター用タイヤに採用し、2020年春より順次発売

ミシュランは、最新技術を採用し、耐スリップ性能と耐偏摩耗性を両立させたスクーター用二輪タイヤ「MICHELIN CITY GRIP2」を2020年春より順次発売します。

小型から大型スクーターまでのタイヤを用意したミシュラン

 ミシュランは、耐スリップ性能と耐偏摩耗性を両立させたスクーター用二輪タイヤ「MICHELIN CITY GRIP2(ミシュラン シティー グリップ ツー)」を2020年春より順次発売します。

スクーター用二輪タイヤ「MICHELIN CITY GRIP2(ミシュラン シティー グリップ ツー)」

 2010年に発売したMICHELIN CITY GRIPは、ビックスクーターから125ccスクーターに対応し、ヤマハX-MAX、ホンダPCXなど人気の車種に標準装備されているスクーター用ハイエンドタイヤです。さらに、タイヤ表面に細かい切れ込みを入れグリップ力を増すサイプ技術PROGRESSIVE SIPE TECHNOLOGY(PST) により、ウェット路面やマンホール等での耐スリップ性能の向上を追求しています。

 MICHELIN CITY GRIP2は、MICHELIN CITY GRIPをさらに進化させ、ドライ路面での高いグリップ性能を確保しながらウェット路面におけるブレーキング性能を向上させています。

 耐久性を付加することでさらなる安心感と“ライディングプレジャー”をより多くのスクーターユーザーに提供します。

 スクーターは、通勤や通学といった日常での使用、休日にはツーリングを楽しむライダーが多いのも特徴です。そのためスクーター用タイヤの使用環境は多岐にわたり、あらゆる天候や路面状況に対応し、多様なニーズに応えるため、世界のレースで培った豊富な経験と技術に加え、これまでのタイヤ開発における多様なイノベーションを結集して開発されます。

MICHELIN CITY GRIP2の特性はドライ・ウェット路面での耐スリップ性能向上

 MICHELIN CITY GRIP2の製品特性は、ウェット路面や滑りやすい路面(マンホールや白線等)での耐スリップ性能を向上し、耐久性や耐偏摩耗性の向上による優れたロングライフ性能を発揮。技術としては、ウェット性能向上のために新開発のシリカコンパウンドやユニークな SHARK TOOTH(サメの歯)サイプデザインを採用しています。サイズは31サイズ、価格はオープンです。

 MICHELIN CITY GRIP2を装着したスクーターに試乗の際は、耐スリップ性能やグリップ性能を確かめながら乗ってみてはいかがでしょうか。

【了】

【画像】MICHELIN CITY GRIP2の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事