ホンダ「ADV150」発表から約2ヶ月で4000台を受注 人気のカラーリングや購買層は?

ホンダが2月14日に発売した新型二輪スクーター「ADV150」の受注状況が好調な立ち上がりを見せています。どのようなユーザー層に受け入れられているのでしょうか。

希少なアドベンチャー・スクーターがついに発売

 2020年2月14日に発売されたホンダの新型二輪スクーター「ADV150」の受注状況が好調な立ち上がりを見せています。

2月14日に発売されたホンダ「ADV150」

 2019年10月に開催された「東京モーターショー2019」で市販予定車として出展され、12月20日に正式発表されたADV150は、ホンダの大型アドベンチャーモデル「X-ADV」譲りの車体デザインや、軽二輪として取り回しやすい車体サイズ、市街地から高速道路まで快適に走行できる力強いエンジンと専用の足まわりを備えた国内市場では珍しいタイプの“アドベンチャー”スクーターです。
 
 前後輪のディスクブレーキや、走行中に急ブレーキと判断すると、ブレーキランプの点灯に加えて、ハザードランプが自動で高速点滅し、後ろの車両に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」、2段階の高さ調整が可能なスクリーンや「Honda SMART Keyシステム」などの装備により、安全性と快適性も高められています。

 ホンダは、発売4日前の2月10日時点で年間販売計画台数の3000台を上回る約4000台を受注していると発表していますが、3色用意されたボディカラー別の構成比は、マットガンパウダーブラックメタリック/35%、ゲイエティーレッド/34%、マットメテオライトブラウンメタリック/31%と均等に近い割合となっています。

2月14日に発売されたホンダ「ADV150」(左)と兄貴分的存在の「X-ADV」(右)

 また、ホンダの広報部にADV150の人気の理由や購買層について伺ったところ以下のように話します。

「正確な統計はまだ出せていませんが、ADV150は30代以上の方が購入される傾向にあるようです。また、ADV150はすでにバイクを所有されている方のセカンドバイクとして、または250ccクラスのスクーターからのダウンサイジング、原付二種からのステップアップと、様々な層のユーザーに受け入れられやすいキャラクターが人気の理由と予想されます」。

※ ※ ※

 2020年2月5日・6日にはADV150のメディア向け試乗会も開催されましたが、当時の発表では受注台数は3300台とされていました。そうしたことを踏まえると、ADV150はわずか4・5日で700台を受注した計算になります。

 アドベンチャー・スクーターという希少な存在であるADV150が今後どこまで販売台数を伸ばすのか、注目が集まります。

【了】

【画像】大反響のホンダ「ADV150」の画像を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事