ヤマハ・ファン必見!! イタリア「アバルト」とのコラボモデル「595 Monster Energy Yamaha」の予約を開始

FCAジャパンは、四輪ブランド「Abarth(アバルト)」のスポーツモデル「595」シリーズに、モンスターエナジーならびにヤマハファクトリーレーシングとのコラボレーションにより実現した限定車「595 Monster Energy Yamaha(モンスターエナジー・ヤマハ)」を設定し予約受け付けを開始しました。どのような特徴があるのでしょうか。

MotoGPマシンの雰囲気を踏襲した限定車

 FCAジャパンは、四輪ブランド「Abarth(アバルト)」のスポーツモデル「595」シリーズに、モンスターエナジーならびにヤマハファクトリーレーシングとのコラボレーションにより実現した限定車「595 Monster Energy Yamaha(モンスターエナジー・ヤマハ)」を設定し、2021年2月2日より、特設サイトを通じて60台限定で予約受付を開始しました。

ヤマハとアバルトのコラボレーションモデル「595 Monster Energy Yamaha」(左)とモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのファクトリーマシン「YZF-M1」(右)

 2015年から続いているアバルトとエナジードリンクのモンスターエナジー、およびヤマハファクトリーレーシングとのコラボレーションを称えて設定された595 モンスターエナジー・ヤマハは、「595 Pista」(最高出力165ps)をベースに世界限定2000台で展開。

 世界最高峰の二輪ロードレース「MotoGP」に参戦しているモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのファクトリーマシン「YZR-M1」をオマージュしたボディカラーをはじめ、限定車ならではの特別な仕様・装備が与えられています。

 エクステリアにおいては、Nero Scorpione(ブラック)とBlu Podio(ブルー)を組み合わせた特別なビコローレ(2トーン)を採用。さらにモンスターエナジーのアイコンである「クロー(爪痕)」のボンネットステッカーやボディサイドのヤマハファクトリーレーシング・ロゴの採用により、MotoGPのファクトリーマシンの雰囲気が再現されています。

ヤマハとアバルトのコラボレーションモデル「595 Monster Energy Yamaha」。内外装共に特別な仕様となっています

 また、インテリアには、モンスタークローおよびヤマハファクトリーレーシング・ロゴがあしらわれたブルーアクセントカラー入りの専用スポーツシートのほか、ブラックを基調にブルーラインが施された専用インストルメントパネル、専用フロアマットを採用。センターコンソールには限定車専用のシリアルプレートが備わっています。

 そのほか、高性能エキゾーストシステム“Record Monza(レコードモンツァ)”が特別装備されるほか、ブラック塗装の専用17インチアルミホイール、ならびにブラック仕上げのブレーキキャリパーなどを備えた「595 Monster Energy Yamaha」の価格(消費税込)340万円からで、右ハンドル・ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(限定20台)のほか、右ハンドル・5速MT(同20台)ならびに左ハンドル・5速MT(同20台)の3種の仕様が用意されています。

【了】

【画像】ヤマハとアバルトのコラボレーションモデル「595 Monster Energy Yamaha」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事