イ・ビョンホンとハ・ジョンウ、そしてマ・ドンソクが命懸けで“火山”を止める!『白頭山大噴火』

突如噴火した火山の活動を抑えるために極限のミッションに挑む人々の戦いを描く、豪華キャスト共演の韓流タイムリミット・ディザスターアクション『白頭山大噴火』が2021年8月27日(金)より全国ロードショーされます。

韓国内外で活躍する豪華キャストが集結

 北朝鮮と中国の国境にある白頭山が突然噴火。朝鮮半島壊滅まで秒読みという絶体絶命の危機に立ち向かう人々を描いた韓国映画が、その名もズバリ『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』です。

『白頭山大噴火』(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 韓国を代表するスター俳優イ・ビョンホンを筆頭に、ハ・ジョンウとマ・ドンソクという国内外で活躍する豪華キャストでも話題となった本作。北朝鮮の隠された核兵器と、その場所を知る北の工作員に半島の運命が託されるという極限状態の中、大噴火まで残された時間は75時間。しかも成功率わずか3.48%という半島救出ミッションが始動します。

 自然災害による大都市崩壊の危機というディザスター映画の王道に、超大国アメリカや中国の思惑が絡み合うスパイ映画さながらの駆け引きをプラスした本作は、韓国公開時には3週連続1位という偉業を達成。世界90ヵ国以上で絶賛されたタイムリミット・ディザスターアクションが、ついに日本上陸です。

 そんな本作は、黄泉の国ファンタジーアクション『神と共に』シリーズ(2017/2018年)のハ・ジョンウが退役間近な爆発物処理班の大尉を、『G.I.ジョー』シリーズ(2009年ほか)や『マグニフィセント・セブン』(2016年)など、ハリウッドでも活躍するイ・ビョンホンが北朝鮮・人民武力部の工作員を熱演。さらに、マーベル映画最新作『エターナルズ』(2021年)のメインキャストに抜擢され世界にその名を轟かせた“マブリー”ことマ・ドンソクが肉体派のイメージを覆す地質学の教授に扮するという、豪華かつ意外性のあるキャスティングとなっています。

『白頭山大噴火』(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 世界中で異常気象が顕著になり、パンデミックと併せて地球規模の危機が叫ばれる2021年。今までにないリアリティをもって観ることになるディザスター超大作『白頭山大噴火』は、2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーです。

【画像】『白頭山大噴火』の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事