トライアル世界選手権に行ってきた! スペイン大会編3

スペインへ語学留学中のバイクタレント兼こうのす観光大使・岸田彩美さんは、トライアル世界選手権スペイン大会を観戦しに現地へ向かいました。

観戦料無料で楽しめる世界大会

 こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。今回も引き続きスペイン大会の状況をお送りします。

岸田彩美さんが訪れたトライアル世界選手権スペイン大会

 今日は前日見ることが出来なかった山の中のセクション4に先回りをしてライダーを待つ作戦です。向かう途中は雑木林みたいな場所を歩いたり、いい景色に癒されながら頑張って滑る斜面を登り、足で踏ん張りながら観戦しました。
 
 スタートの位置から斜面を上がっていき、その先にある岩を登っていくセクションになるのですが、どうやら勢いがなくなってしまうと登れなくなってしまうようです。土が滑りやすいこともあって苦戦しているライダーが多かったように思います。

岸田彩美さんが訪れたトライアル世界選手権スペイン大会のマップ

 その先のセクションを見に行く前に一度パドック方面に戻って11・12セクションを見つつ、より山の中にある8・9セクションに向かいました。どのライダーも1ラップ目が終わったら休憩の時間があるので、その時間を使って移動しよう作戦です(笑)。

 8セクションは川を利用したセクションで、GPクラスの選手が大きな岩を駆け上がるところが見所! アシスタントさんもロープを使ってサポートをするくらい足場が悪い場所でした。

トライアル世界選手権スペイン大会を訪れた岸田彩美さん

 続いて9セクションは斜面につくられたセクション、こちらも安定した走りでクリーンでした。

10セクションはどうやら山の上の方にあるということで断念し、走ってパドックに戻って11・12セクションをみて2日目を終えました。

 藤波選手がセクションの下見中に、観戦をしていたお客さんとお話をしていたのですが、これがトライアルの良さかと思いました。レース中だし、お客さんが選手に話しかけちゃうってどうなの? って思う部分もありつつも、それが出来ちゃう距離感で見ることができて、応えてくれる選手がいて……やはりそういう雰囲気が良いよなと思います(私は話しかけられないけど!!)。もちろん応援する声も届きますよ◎

トライアル世界選手権スペイン大会を訪れた岸田彩美さん。大会終了後にはアシスタントさんによるセクショントライが行われ盛り上がりを見せていました

 私達も大会が終わってからパドックを見学したりして楽しんでいたのですが盛り上がっている声が聞こえてきたので行って見ると……アシスタントさんがセクショントライをしていたのです。

 元世界選手権に参戦していた選手がアシスタントをしている事も多いため、ライディングスキルもトップレベルなんですね。周りの観客として、なんと走り終えたライダーたちが集まっていました。
 
 このスペイン大会が終わったらその翌週はポルトガル大会(今年最後の大会)で多くのチームがそのまま会場に残って、直接ポルトガルに向かう方が多かったそうです。
 
 次の日も「すぐ移動じゃない日はこんな雰囲気なんだよ」と藤波選手が教えてくれました。案外最後まで残っているとこんなに楽しいことがあるんだと知って、早く帰っちゃいけないなと思ったのでした(笑)。
 
 そして現地で観戦できたからこそ……ですね。今回もいい経験になりました。

 さて次のポルトガル戦は急遽予定変更して、行くことにしました。なぜなら藤波選手がこの大会をもって世界選手権の参戦が最後になるからです。

 最後の走りを自分の目でしっかり見てきたいと思って行くことに決めました。案の定ハプニングはありましたがそれも含めて全部いい思い出です。

 もう少しトライアル記事続きますが、最後までお付き合いください。ありがとうございました。
 
【了】

【画像】岸田彩美さんが訪れたトライアル世界選手権スペイン大会の様子を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 岸田彩美

食べる事とインコが大好き。愛称:あやみん。2011年駒澤大学準ミスグランプリを取得後、ツインリンクもてぎのイメージガール、ツインリンクもてぎエンジェルを務めた。任期中に様々なバイクの楽しみ方に出会いその魅力に心を奪われた。トライアルデモンストレーション、MotoGP 日本グランプリでステージMCなどバイクのイベント出演や司会も務める。

最新記事