1985年に登場したヤマハ「Vmax」 AOSHIMAが1/12スケールで再現

プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」の「SKYNET(スカイネット)」ブランドは、ヤマハ「Vmax」カラー3種を1/12スケールの模型(完成品)で再現し、2022年3月に発売予定です。

見た目も中身も個性的! ヤマハのマッチョなバイク登場は衝撃的だった!?

 プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」の「SKYNET(スカイネット)」ブランドは、ヤマハ「Vmax」のカラー3種を1/12スケールの模型(完成品)で再現し、2022年3月に発売予定です。

1/12 完成品バイク YAMAHA Vmax(ブラック2)
1/12 完成品バイク YAMAHA Vmax(ブラック2)

 実車のヤマハ「VMAX(ブイマックス)」は、日本ではレーサーレプリカが一大ムーヴメントを巻き起こしていたなか(1980年代中期から後期)、1985年に排気量1200ccクラスの第一世代を市場へ投下、2008年には1700ccクラスの第二世代が登場し、個性的でマッチョなスタイルと豪快な加速で話題を集め、国内外で高い人気を博した大型バイクです。

 日本国内においては2018年モデルを最後に販売終了となりましたが、2019年9月に米国ヤマハから待望の復活が発表されました。

 AOSHIMA「1/12 完成品バイク YAMAHA Vmax」は第一世代のモデルを模型化しており、特徴的なV型4気筒エンジンやエアインダクトカバー、ドラッグレーサーのような力強いフォルム、フレームとタンクカバー(実際はエアクリーナーボックス。燃料タンクはシート下に配置されている)はダイキャスト製とするなど、当時のVmaxが持つ存在感を余すことなく再現したと言います。

【実車画像】1985年に新登場となったヤマハ「Vmax」
【実車画像】1985年に新登場となったヤマハ「Vmax」

 商品は塗装済み完成品となっており、カラーバリエーションは「ブラック2」、「ニューシルバーダスト」、「ファイアーレッド」の3パターンです。

■製品仕様
価格:3300円(税込)
発売:2022年3月予定
ブランド:スカイネット
シリーズ:完成品バイク(塗装済み)
スケール:1/12
サイズ:全長約190mm
本体素材:ダイキャスト、ABS
タイヤ素材:ゴム
カラー:ブラック2、ニューシルバーダスト、ファイアーレッド
※画像は試作品です。実際の商品とは異なる場合があります。

【了】

【画像】全3色「1/12 完成品バイク YAMAHA Vmax」を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事