JAFが日本初の二輪車けん引用アタッチメント開発 1月5日より運用開始 バイク搬送可能なサービスカーが約2.5倍に

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、レッカー車で二輪車をけん引できるアタッチメントを国内で初めて開発し、1月5日(水)より順次全国で運用を開始しました。JAFにとると、同システムの導入により、これまでよりも早い対応が実現可能といいます。

209台から523台まで増加した二輪けん引可能なサービスカー

 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、レッカー車で二輪車をけん引できるアタッチメントを国内で初めて開発し、1月5日(水)より順次全国で運用を開始しました。

JAFが開発した二輪アタッチメント。原付きから大型モデルまでけん引可能です
JAFが開発した二輪アタッチメント。原付きから大型モデルまでけん引可能です

 JAFが開発した二輪アタッチメントは、通常、四輪車のみけん引可能なレッカー装置に装着し、今までけん引ができなかったバイクを安全に運ぶためのものです。

 構造的安全性が担保された装置の開発としては日本初となる二輪アタッチメントの登場により、JAF主力のサービスカーであるレッカー車でバイクを運ぶことができるため、ユーザーのもとへ迅速に到着することが可能となりました。

 なお、積み込み可能範囲は以下の通りです。
 
排気量:原付(50cc)~大型バイク(1300cc程度)
ホイールベース:1145mm~1700mm

・Dio(50cc)=1145mm
・スカイウェイブ(250cc)=1600mm
・CB1300SF(1300cc)=1520mm
・ゴールドウイング(1800cc)=1695mm

※ ※ ※

 これまでバイクを運ぶことができる積載車・多目的車の運用合計は209台でしたが、二輪アタッチメントが登場したことで合計523台まで増加したJAFのサービスカー。今後のますますの活躍に期待が掛かります。

【画像】JAFが開発した二輪アタッチメントを画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事