生活に便利な自転車 赤ちゃんと一緒に乗るのは危険だけど…… 知っておくべき重要なこと

1歳未満の赤ちゃんと一緒に自転車に乗る際に、必ず守るべきルールがあります。おんぶ紐で背中におんぶは良くても、抱っこは認められていない!?

「おんぶ」はOK! 「抱っこ」はNG!

 自転車は基本的に1人用の乗り物ですが、運転する人が16歳以上で専用のチャイルドシートを装着していれば、1歳以上6歳未満の子どもを乗せて走ることができます。子どもの通園や買い物など、幼児を子育て中の保護者にとって「自転車無しでは日常生活が回らない」と思えるほど力強い味方です。

子供乗せ自転車にチャイルドシートを装着し、乗せても良い子供の年齢は1歳以上6歳未満(小学校入学前まで)
子供乗せ自転車にチャイルドシートを装着し、乗せても良い子供の年齢は1歳以上6歳未満(小学校入学前まで)

 では、1歳に満たない赤ちゃんと一緒に自転車に乗ることは不可能なのでしょうか? 結論から言うと、おんぶ紐や抱っこひもを利用して自転車に乗る際、赤ちゃんを背負う状態の「おんぶ」は認められていますが、「抱っこ」した状態で乗ることは交通違反となります。

「抱っこ」した状態では、赤ちゃんが視界に入るので運転に集中できない、ハンドル操作の妨げになる、足元が見れない、バランスが取りづらい、といったデメリットや危険性があります。また走行中、万が一急ブレーキや、突然進路を塞がれるような場面では、上体は前方へ飛び出しハンドルとの間に赤ちゃんを強く挟んでしまうというリスクもあります。法律で認められていないから、という理由だけではなく「赤ちゃんを守るため」なので、絶対に「抱っこ」して乗るのはやめましょう。

 ただ、「おんぶ」で乗ることも決して安全性が十分に確保されているわけではありません。一般的に赤ちゃんをおんぶできるのは、完全に首が据わってからです。首が据わる前の赤ちゃんをおんぶして自転車に乗ると、揺れや振動が大人が感じる以上に赤ちゃんに伝わり危険です。首が完全に据わるタイミングは赤ちゃんによって異なりますので、くれぐれも注意が必要です。

 おんぶ紐を使った状態で自転車に乗る際にもうひとつ注意すべきことが、ベルトが垂れ下がった状態になっていないか、という事です。長く垂れ下がったベルトが自転車のタイヤやチェーンに巻き込まれてしまうと重大な事故につながる可能性があります。衣服などの巻き込みを防ぐ「ドレスガード」というオプションパーツもありますが、それ以前におんぶ紐のベルトは乗車前に短くまとめることが重要です。

 ちなみに、自転車に乗せられる子どもの人数は最大2人までです。前後のチャイルドシートに子どもを乗せて、さらに赤ちゃんをおんぶした状態の、運転者を含めた4人乗りは交通違反になります。

 赤ちゃんをおんぶして自転車に乗ること自体に賛否あると思いますが、「近くに公共交通機関がない」「車を所有していない」「車での送迎が認められていない」など、小さい子供を育てる保護者の生活環境は様々です。交通ルールにのっとった安心・安全な運転を意識し、便利な自転車を正しく利用したいものです。

【画像】子供と一緒に自転車に乗る画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事