マツダ「キャロル」の新型モデルを発売! 全機種のメーター内にリアパーキングセンサー作動表示灯を追加

マツダが、同社がラインナップする軽乗用車「キャロル」の一部仕様変更を実施し、2023年12月22日に販売を開始します。

法規対応のためのマイナーチェンジ

 マツダが、同社の軽乗用車「キャロル」の一部仕様変更を発表。2023年12月22日に、販売が開始されます。

マツダが公開した「キャロル」の新型モデル
マツダが公開した「キャロル」の新型モデル

 今回の仕様変更では法規対応のために、全機種のメーター内にリアパーキングセンサー作動表示灯を追加。また、「HYBRID GS」機種の外板色から「ピュアホワイトパール」を廃止し、新たに「ホワイト」が設定されました。

 価格(消費税込)はGL(2WD)が114万4000円、GL(4WD)が127万4900円、HYBRID GS(2WD)が124万3000円、HYBRID GS(4WD)が137万3900円、HYBRID GXが140万4700円です。

【画像】マツダから登場する「キャロル」の新型モデルを画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事