最速ライダーたちの要望に応え、劇的な進化を続けるレザースーツの世界!

1988年からダイネーゼのレーシングスーツにはハンプ(コブ)が装着されました 写真:ドリアノ・ロンボニ選手 /RS125R (1990年)
アルパインスターズのレーシングスーツも多くのライダーが着用しています
ダイネーゼとAGVを長年着用しているバレンティーノ・ロッシ選手
ダイネーゼとAGVを長年着用しているバレンティーノ・ロッシ選手
アルパインスターズのレーシングスーツを着用するLCR Honda IDEMITSU中上貴晶選手
アルパインスターズのレーシングスーツを着用するRepsol Honda Team マルク・マルケス選手
クシタニ製のレーシングスーツを着用するYAMAHA FACTORY RACING TEAM野左根航汰選手
HYOD製のレーシングスーツを着用するYAMAHA FACTORY RACING TEAM中須賀克行選手
Monster Energy YAMAHA MotoGPバレンティーノ・ロッシ選手のレーシングスーツにもエアバックが装備されています
ダイネーゼのエアバックD-airを装備したバレンティーノ・ロッシ選手のレザースーツ
1963年日本人初のマン島TT優勝(GP50)した伊藤光夫もクシタニ製のツナギを着用
WGP500ccにホンダ・NS500で参戦したフレディ・スペンサー選手(1983)
ダイネーゼ製レーシングスーツでMotoGPに参戦中のMonster Energy YAMAHA MotoGPバレンティーノ・ロッシ選手(2019)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事