突如目の前に現れるレンガ造りの巨大なアーチ橋 群馬県碓氷峠にある鉄道施設「めがね橋」が圧巻だった

「碓氷鉄道文化むら」では、急勾配の山岳走行を可能にしたアプト式レールの展示や解説も見ることができる
「碓氷鉄道文化むら」では、急勾配の山岳走行を可能にしたアプト式レールの展示や解説も見ることができる
旧国道18号を軽井沢方面に向かって走っていると、突如視界に「めがね橋」が現れる。明治時代の最新技術で建てられた構造物は「近代化遺産」として登録されている
旧国道18号を軽井沢方面に向かって走っていると、突如視界に「めがね橋」が現れる。明治時代の最新技術で建てられた構造物は「近代化遺産」として登録されている
壮大な煉瓦作りのアーチ橋の鑑賞には解説板もチェックしたいところ。この看板自体も昭和45年制作と時代を感じさせるもの
壮大な煉瓦作りのアーチ橋の鑑賞には解説板もチェックしたいところ。この看板自体も昭和45年制作と時代を感じさせるもの
周辺には26ものトンネルがあり、徒歩で散策することが可能。トンネルというより「隧道」と呼びたいレトロな風合い
近くには碓氷湖もあり、この日も何台かのバイクが訪れていた。散歩道もあり散策もオススメ
「碓氷鉄道文化むら」では、峠と関わりのある鉄道の歴史に触れることができる。D51など鉄道の現車展示のほか、電気機関車EF63形の運転台も座ることも可能
「碓氷鉄道文化むら」では、峠と関わりのある鉄道の歴史に触れることができる。D51など鉄道の現車展示のほか、電気機関車EF63形の運転台も座ることも可能
「碓氷鉄道文化むら」では、峠と関わりのある鉄道の歴史に触れることができる。D51など鉄道の現車展示のほか、電気機関車EF63形の運転台も座ることも可能
「峠の釜めし」でおなじみの『荻野屋(横川店)』では、腹ごしらえやお土産の購入など、休憩に最適
旧国道18号を軽井沢方面に向かって走っていると、突如視界に「めがね橋」が現れる。明治時代の最新技術で建てられた構造物は「近代化遺産」として登録されている
「峠の釜めし」でおなじみの『荻野屋(横川店)』では、腹ごしらえやお土産の購入など休憩に最適

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事