ヤマハのファン・デル・マーク選手 2019SBK第6戦レース2で今季初優勝!!

2019スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦のレース2でヤマハのM・ファン・デル・マーク選手が今季初優勝! レース1は、総合ポイント首位独走中のDucatiチームのA・バウティスタ選手が優勝しました。

ドゥカティのバウティスタ選手総合首位譲らず

 2019スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦のスーパーポールレースとレース2が、6月9日にスペインのヘレス・サーキットで開催されました。

ヘレスでも安定の速さを見せたAruba.it Racing DucatiチームのA・バウティスタ選手

 Aruba.it Racing DucatiチームのA・バウティスタ選手は、荒れた前日のレース1に続き、午前中に開催されたスーパーポールレースでも圧倒的な速さで優勝しました。レース2をポールポジションからスタートしたA・バウティスタ選手は、オープニングラップでトップに立ったものの、2周目のターン1で転倒します。

 混戦からここから抜け出したKawasaki RacingチームのJ・レイ選手にPata Yamaha TeamのM・ファン・デル・マーク選手は追従します。7ラップ目ごろからJ・レイ選手のペースが落ち始めると後続グループが差を縮めてきたため、ファン・デル・マーク選手は、第2コーナー(ダニ・ペドロサ・コーナー)で仕掛けてトップに浮上。

Pata Yamaha Team M・ファン・デル・マーク選手/ Kawasaki Racing Team J・レイ選手

 その後は周回ごとにアドバンテージを広げハイペースで最後まで走り、J・レイ選手に3秒以上の差をつけて今季初優勝を挙げました。

レースを制した2人のライダーコメント

 Aruba.it Racing – DucatiチームA・バウティスタ選手 レース1優勝

Aruba.it Racing – DucatiチームA・バウティスタ選手

「今日のレースははっきりと明暗が分かれました。スーパーポールレースでは優勝しましたが、レース2では2周目にクラッシュしてしまいました。特に何も変わったことはしていなかったので残念です。突然フロントのグリップを失ってクラッシュしてしまいました。しかし、レースでは時々このようなことが起ります。

 ヘレスでの週末は、2勝を挙げることができただけでなく、パドックの雰囲気も最高でした。そしてレースを観戦するために、大勢のファンが集まってく、これからも今までと同様にハードワークを続けて、次のミザノでも再びセンセーショナルなレースをします」

 Pata Yamaha Team M・ファン・デル・マーク選手レース2優勝

Pata Yamaha Team M・ファン・デル・マーク選手

「何という素晴らしい一日でしょう! スーパーポールは最終的に2位でゴールして第2レースのフロントローを獲得することができました。好スタートを決めて飛び出したものの、すぐにジョニー(レイ)に抜かれ、そのあとは彼の後ろについてタイヤをセーブしながら順調に走行を続けていました。しかし彼のペースがそれほど上がらず、私の後ろには後続グループが近づいてきていたので、パスを試み、前へ出て逃げようと考え、実際にそのようにしました。マシンの状態は素晴らしく、わずかな変更だけで十分でした。マシンの進化を本当にうれしく思っており、チームとヤマハのハードワークに感謝しています」

【了】

2019スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事