ホンダ世界選手権参戦60周年 世界各国で記念イベントを数多く開催!!

ホンダは、世界選手権参戦60周年を記念して世界各国でイベントを行います。記念イベントには、レースで活躍したマシンやライダー、ドライバーが集結、さらに二輪四輪問わず記念ロゴを貼付したマシンでレースに参戦します。

二輪、四輪問わず世界選手権に挑戦したホンダの参戦60周年記念イベント開催

 ホンダは、創業当時からのレース活動において歴史的な象徴でもあるマン島T.T.レース参戦から60周年となる今年、「Honda Racingアニバーサリー・イヤー」とし、記念イベントを各国で数多く実施されます。

マン島T.T.レース125ccクラスに参戦した谷口尚己選手

 1954年に創業者の本田宗一郎が、“世界一への夢の達成”を目指して当時の世界最高峰であるFIMロードレース世界選手権の「マン島T.T.レース」への出場を宣言しました。その後5年を費やしてマシンを開発、1959年6月3日に日本の二輪車メーカーとして初めてマン島T.T.レースの125ccクラスに、鈴木淳三選手、谷口尚己選手、鈴木義一選手、田中楨助選手の4選手がRC142で出場してから、60年の節目を迎えています。

F1ドイツGPにロニー・バックナム選手がRA271で参戦

 その後、ホンダ挑戦の歴史は二輪車以外にも広がり、1964年には四輪車の最高峰レースであるFIAフォーミュラ・ワン世界選手権ドイツGPにロニー・バックナム選手がRA271で参戦しました。

 ホンダのレース活動における挑戦の歴史の象徴でもある、マン島T.T.レース参戦から60周年となる今年、「Honda Racingアニバーサリー・イヤー」とし、記念イベントを数多く実施されます。

ロードレース世界選手権(MotoGP)に参戦するRepsol Honda Team M・マルケス選手

 ロードレース世界選手権MotoGPクラスにエントリーする「RC213V」の車体に、参戦60周年シンボルマークステッカーを貼付します。さらに、スーパーバイク世界選手権や世界耐久選手権第5戦鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するマシン、ロードレース、モトクロスやトライアルの参戦車両や、各種四輪レース参戦車両にも展開されます。

RC162(1961年)で世界グランプリに参戦した高橋国光氏

 6月28日から開催されるロードレース世界選手権オランダGPでは、Moto3に参戦している「Honda Team Asia」のマシンに、ホンダが1961年WGPで初優勝したマシンRC143のカラーリングが施されます。また、デモンストレーションランには、ホンダのマン島T.T.レース参戦車両(レプリカ)RC142(1959年)に高橋国光氏、NSR500(1989年)にミック・ドゥーハン氏がライディングします。

 7月4日から7日までイギリスで行われる「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では、二輪車のRC142、NSR500、RC213Vのほか、四輪車のマクラーレン・ホンダMP4/4(1988年F1ドライバー・コンストラクターズチャンピオンを獲得)によるデモ走行が行われます。

【了】

ホンダ世界選手権参戦60周年の画像を見る 写真:10枚

画像ギャラリー

最新記事