カワサキ・レーシングのJ・レイ選手 盤石の走りでポイントランキング首位をがっちりキープ!!

隙を全く見せないカワサキ・レーシングチーム J・レイ選手が、SBK第10戦ポルトガル大会のレース1とスーパーポールを制し、総合ポイントも2位ドゥカティのA・バウティスタ選手に91ポイント差をつけています。

盤石のレース展開でジョナサン・レイ選手の年間チャンピオンが近づく!!

 サマーブレイク後約2ヶ月ぶりの開催となるスーパーバイク世界選手権ポルトガル大会は、アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ・サーキットでレース1、スーパーポール・レース、レース2が行われ、カワサキを駆るジョナサン・レイ選手とドゥカティ勢の熾烈な争いが繰り広げられました。

レース1とスーパーポールを制したカワサキ・レーシングチーム J・レイ選手

 予選トップのカワサキ・レーシングチーム J・レイ選手は、2周目にはコースレコードを記録、BMWモトラッドのT・サイクス選手を徐々に引き離します。独走態勢を築き上げたJ・レイ選手は、2位以下を大きく引き離しレース1を制しました。

 2番手には、Aruba.it レーシング ドゥカティのC・デイビス選手とPATA・ヤマハのM・ファン・デル・マーク選手の熾烈な争いが繰り広げられC・デイビス選手が2位を獲得しています。

 スーパーポールでもJ・レイ選手の強さは揺るぎなく2位以下を引き離しレース1に続いて独走で制しました。2番手には終盤追い上げたA・バウティスタ選手、3番手には、A・ローズ選手でした。

レース2を制したAruba.it レーシング ドゥカティのA・バウティスタ選手

 レース2は、スーパーポールの順位によってグリッドが決まります。レース1でスタートに失敗し、スーパーポールでは、J・レイ選手に独走を許してしまったA・バウティスタ選手が気合を入れます。独走状態が作れなかったJ・レイ選手はトップ集団を形成、トップを走るA・バウティスタ選手も後続を引き離すことができません。

 終盤までもつれた二台の争いでしたが、A・バウティスタ選手がわずか0.111秒の差でJ・レイ選手を振り切り6月に開催された第7戦のミザノ以来、2か月ぶりに優勝、今シーズン15勝目を挙げました。

Moriwaki Althea Honda Teamの高橋巧選手は悔しい結果に

 また、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦中のTeam HRC高橋巧選手は、負傷中のレオン・キャミア選手の代役でポルトガル大会に出場しましたが、レース1では15位、レース2では17位となり、2年前に出場した際の記録を更新できませんでした。

 SBKポイントランキング総合首位は、カワサキ・レーシングチームのJ・レイ選手(490)、2位はAruba.it レーシング ドゥカティのA・バウティスタ選手(399)、3位はPATAヤマハのA・ローズ選手(249)が続いています。

【了】

2019SBK第10戦の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事