好きになったのは巨大アトラクションでした『恋する遊園地』

遊園地の巨大アトラクションに恋した女性を描く映画『恋する遊園地』が2021年1月15日(金)より全国ロードショーされます。

実話に基づく奇跡のロマンティック・ファンタジー

 遊園地の巨大アトラクションに恋した女性を描く映画『恋する遊園地』が2021年1月15日(金)から新宿バルト9ほかで全国ロードショーされます。

遊園地の巨大アトラクションに恋した女性を描く映画『恋する遊園地』(c)2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films

 主人公のジャンヌを演じるのは映画『燃ゆる女の肖像』での演技で注目を集めたノエミ・メルラン。そして、もうひとつの主役は彼女が恋におちるアトラクションです。フランスでイメージ通りの“彼”を見つけた制作陣は、撮影地となるベルギーへ移動させ、1年もの時間をかけてカスタマイズして“ジャンボ”へと生まれ変わらせました。

 監督のゾーイ・ウィットックは、エッフェル塔と恋に落ちて実際に結婚したアメリカ人女性の新聞記事にインスピレーションを受け、人間の女性とテーマパークの巨大アトラクションの恋という奇想天外な物語を思いついたそうです。

 公開されている予告映像には、遊園地のスタッフであるジャンヌが、新たに導入された大型のアトラクションの“ジャンボ”と幻想的に心を通わせてゆく様子や、母や同僚から理解されず孤立する姿が収められています。

予告映像には、遊園地のスタッフであるジャンヌが大型のアトラクションの“ジャンボ”と心を通わせる(c)2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films

 エッフェル塔と結婚した女性のように、「対物性愛」も最近では珍しいものではなくなってきたかもしれません。ベルリンの壁と結ばれた人もいますし、日本でもキャラクターと結婚した人が話題になりました。これもひとつの多様性の表れなのでしょう。さすがに結婚となるとハードルが高いですが、鑑賞後は愛するバイクと心が通じ合えばと考えてしまうかもしれませんね。

 果たして彼女と“ジャンボ”の恋の行方はどうなるのか。『恋する遊園地』は2021年1月15日(金)から全国ロードショーです。

『恋する遊園地』予告編

【了】

【画像】『恋する遊園地』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事