1978年型のホンダ「HAWK(ホーク)」シリーズから、2機種が1/12スケールのプラモデルとなって新登場

プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」から、1978年に登場したホンダ「HAWK(ホーク)」シリーズの2機種が1/12スケールのプラモデルとなって新登場しました。

AOSHIMA「ザ★バイク」シリーズにホンダ「HAWK(ホーク)」追加

 プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」から、1978年に登場したホンダ「HAWK(ホーク)」シリーズの2機種が1/12スケールのプラモデルとなって新登場しました。発売は2021年7月の予定です。

AOSHIMAのプラモデル「1/12 ホンダ CB400T HAWK-II ’78」

「1/12 ホンダ CB400T HAWK-II ’78」では、通称“角タンク”と呼ばれる1978年型をフィーチャーし、タイヤは質感を高めるゴム製、ワイヤーやホース類はビニールパイプで再現しています。価格(税込)は2860円です。

 その実車であるホンダ「HAWK II CB400T」(1978年型)は、当時「中排気量2輪車」の1台として、“遠乗りとスポーティ走行の2つの性格をあわせ持つ新しい2輪車”「WING GL400」とともに登場し、1978年3月10日より発売されました。

 水冷V型2気筒のOHVエンジンを搭載するツーリングモデル「GL400」に対して「CB400T」は空冷並列2気筒のOHCエンジンを搭載し、軽快な操縦性を持つスポーツモデルという位置づけでした。

 同じく1978年「ホーク」シリーズに追加された、ホンダ「HAWK III CB400N」を再現したプラモデル、「1/12 ホンダ CB400N HAWK-Ⅲ ’78」も新発売されます。こちらの価格は2640円(税込)です。

AOSHIMAのプラモデル「1/12 ホンダ CB400N HAWK-Ⅲ ’78」

 実車の「CB400N」は1978年8月24日に発売されており、「CB400T」をベースに6速ミッション化、フロントブレーキにダブルディスクを装備するなど、走りに徹したスポーツモデルとなっています。

 当時、「ホーク」シリーズは「HAWK CB250T」、「HAWK II CB400T」、「HAWK II CB400T ホンダマチック」、「HAWK III CB400N」の4タイプが揃えられ、多くのバイク乗りに走る楽しみを提供したのではないでしょうか。

※ ※ ※

 AOSHIMAでは大型バイクから原付、新型から旧車、働くバイクまで、プラモデルや完成品として多数のバイク模型がラインナップしています。今後はどのバイクが再現されるのか、期待が高まります。

【了】

【画像】プラモデルになったホンダ「HAWK(ホーク)」の実車画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事