”Ladies first”ならぬ”SUSHI FIRST” 現役プロレスラー「SUSHI」が選んだヘルメットとは?

 Aloha Happy Friday! 今週も1週間お疲れ様でした! あと何時間かなぁ、お仕事したら週末はゆっくりできますかね? クリスさんはお仕事がない日は全てがヴァカンスになってしまうので考えただけでも恐ろしい(><) この緊急事態が長引くせいでまたイベントも中止になってきてしまってるので。兎にも角にも! 早く治ってください! そして路上で酒盛りしてるみなさん、お願いやからおうちでZOOM飲み会にしてください。マヂで。お酒が悪い訳ではなく一人一人にモラルの問題ですが、みんなで頑張って早く元どおりに!!! 心の声が思いっきり漏れてしまいましたが、ほんまにね、取材にも行けんから。緊急事態の直前に行かせていただいたオージーケーカブトさんにはほんまに感謝しかないです! この記事を今書かせていただけていることに感謝。ほんまにありがとうございます! そして行かせてくださった編集長! THANK YOU SOOOOOOO MUCH!

SUSHI選手のヘルメット選び、その結果は?

 さて、先週はフィッティングのスペシャリスト、オージーケーカブトでレーサーの担当もされていた倉八さんがきてくださってどのヘルメットにするか決めるとこで終わりましたね。今日は久々にフィーチャリングおすしさんです!どんな風にヘルメットを選んで、ぴったりのサイズに作り上げていくか、まずは見てから体験したかったので”Ladies first”ならぬ”SUSHI FIRST”で(笑)。

オージケーカブトに訪れ、ヘルメットを選ぶプロレスラーのSUSHI選手(おすしさん)

 アメリカンに乗りたいおすしさんはフルフェイスではなくジェットを選ぶ方向で決めてきたらしい。となると、EXCEEDかavandⅡの中から選ぶ感じに。
 
おすしさん「僕、このRYUKIも最高に好きなんですけど、アゴの部分、やっぱり無い方がアメリカンにはかっこいいですよね?」

倉八さん「そうですね、好みもありますが、見た目からアメリカンですよね」。

おすしさん「ですよね、EXCEEDとavandⅡどっちを選んだらいいですかね!?」

倉八さん「もう、そこはおすしさんの好みで、見た目と軽さと……」

おすしさん「僕、全くわからないので、違いを教えていただいてもいいですか?」

倉八さん「軽さで言ったらavandⅡなんですけど、EXCEEDだと今主流になってきた“インナーサンシェード”が付いていていろんなシチュエーションに対応できて楽だと思います」。

おすしさん「インナーサンシェード? また新しいワード出てきた!」

倉八さん「インナーサンシェードはヘルメットに内蔵されたサングラス見たいなやつで、この左側のつまみを上げ下げして出し入れができるんです」。

おすしさん「ヘェ~!すごい! 見たことなかったです。面白い!」

倉八さん「やってみますか?」

オージーケーカブトの「EXCEED」のインナーサンシェードを試すプロレスラーのSUSHI選手(おすしさん)

おすしさん「はい! いいですか」。

倉八さん「そしたら、EXCEEDでヘルメットのフィッティング進めてみましょうか?」

おすしさん「そうですね! すっかり心奪われました」。

倉八さん「デザインは後で決めるとして、ひとまず、頭のサイズ測ってみましょうか」。

おすしさん「はい。僕多分、LかXLです」。

倉八さん「見た感じ、多分Lでいけると思うのですが、測ってみましょう」。

 と言って倉八さんが取り出したのはちょっと長い紙。近くで見てみると、メジャーみたいに線が入ってる。

プロレスラーのSUSHI選手(おすしさん)の頭部サイズを計測するオージーケーカブトの倉八さん

クリスさん「今ってメジャーも使い捨てなんですね!?」

倉八さん「このご時世ですからね……毎回使い捨てだと、お客様も安心していただけるかと」。

 確かに……コロナって、地味にこう言うところまで影響があるんですね。そうだ、帽子とヘルメットの頭のサイズの測り方一緒なんかな? どうやったかな。

クリスさん「倉八さん、ヘルメットと帽子のサイズ測る時って一緒ですか?」

倉八さん「基本一緒ですね。基本は耳の上、指一本分のラインを通って眉毛も指一本分上で測るとちょうどいいサイズが分かります」。

 スペシャリストの倉八さんがしゃべりながらさらさらさら~っとサイズを測っておすしさんのヘルメットフィッティングが進んでいく。

プロレスラーのSUSHI選手(おすしさん)。最終的にはインナーサンシェード付オープンフェイス「EXCEED」を選択しました

 EXCEED用のクリアケースからパーツを出してテーブルに持ってきた。ツールボックスにはさらに細かいパーツがギッシリ。この中からも選ばれしパーツが。

 どんな風にフィッティングが進むやら!? ふとおすしさんを見ていたら、緊張? まっすぐ前を見ていた。さっきからほとんどしゃべってへんかったなぁ。初めてやもん。確かに緊張する。でも、クリスさんはクリアケースに収められた何種類ものインナーやパーツがめっちゃ気になる。次回はどんなパーツがどこにハマるのか!? です。

 ではみなさん、安全にまた1週間お過ごしくださいね! Thank you for reading till the end!

Christelle Ciari クリステル・チアリ YouTube チャンネル

【了】

【画像】ヘルメットを選ぶプロレスラーのSUSHI選手の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事