カワサキ「Ninja ZX-25R」2022年モデル公開 グレー×ブラック×ブラウンのシブいカラーリングが登場

カワサキは4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツモデル「Ninja ZX-25R」の2022年モデルを2021年9月に発売します。新型モデルでは新しいカラーリングを採用しイメージチェンジが図られています。

希少な4気筒250ccモデルがカラーリング変更

 カワサキは4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツモデル「Ninja ZX-25R」の2022年モデルを2021年9月10日に発売します

カワサキ「Ninja ZX-25R SE」2022年モデル(メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック)※オプションのシングルシートカバー装着車

 2019年の東京モーターショーで初公開され、日本国内においては2020年9月10日に発売されたNinja ZX-25Rは、現在では希少な4気筒250ccのエンジンを搭載したスーパースポーツ「Ninja ZX」シリーズ最小排気量モデルです。

 発売前から話題を集め、近年発売されたモデルの中でも大ヒットとよべるセールスを記録したNinja ZX-25Rでは、最大出力33kw(45PS)を発揮するエンジンや官能的な排気音を奏でるエキゾーストはそのままに、最上級モデル「Ninja ZX-10R」でも採用されている最新のKRT(Kawasaki Racing Team)カラーと、メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラックの新色を上位グレードの「SE」に設定。

 ベースグレードのみに設定された継続色のメタリックスパークブラックとあわせて3色展開とされています。

崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd(KMT)で製造される「Ninja ZX-25」2022年モデルの価格(消費税10%込)は84万7000円からとなっています。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R」2022年モデルの画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事