寒い季節のキャンプツーリングには温かい鍋がオススメ 「キムチ牛すじ鍋」を作ってみた

秋から冬にかけては、屋外では虫も少なくなり、焚き火が恋しくなるキャンプツーリングにふさわしい季節ともいえます。寒い日のキャンプ飯に、簡単に作れる鍋料理はいかがでしょうか。

寒い季節もダッチオーブン大活躍! 簡単調理で美味しい鍋料理の出来上がり

 秋から冬にかけてのキャンプツーリングでは、虫も少なく、焚き火のぬくもりがありがたい絶好の季節と言えます。そして寒い日のキャンプ料理といえば鍋! 食欲も満たし、身体も温まる簡単調理の鍋料理をご紹介しましょう。

ダッチオーブンで簡単調理の「キムチ牛すじ鍋」を作ってみた。寒い日のキャンプ飯には鍋が最適。キムチは見た目ほど辛くないので、意外と食べやすい

 今回作ってみたのは「キムチ牛すじ鍋」です。現地のスーパーでたまたま見つけたのが牛スジ肉だった、というだけですが、鶏肉や豚肉でも合うと思います。

 肉の他にはキャベツ、長ネギ、エノキ、キムチなどを投入します。キャベツは白菜でも良いでしょう。加えて「パウダー状の出汁」「チューブ入りニンニク」「みりん」「味噌パウダー」「アウトドアスパイス ほりにし」など、どれも小パッケージで携行しやすく、キャンプツーリングに便利なもの。とくに味噌パウダーは、粉末状で保存も効くのでオススメです。

 調理器具にはミニサイズの鉄鍋、いわゆるダッチオーブンを使用しました。加熱力が強く、中の具材に均一に熱が加わるため、一度フタを閉じればほぼ放置状態で美味しい料理が作れます。バイクの荷物としては鍋自体の重量がネックになりますが、キャンプ飯を楽しむことを思えば、ミニサイズであれば持っていく価値ありです。もちろんメスティンやコッヘルでも調理は可能です。

使う材料は自由! お好みで何を入れても美味しくなるのが鍋料理のスバラシイところ。今回は牛すじ肉とキャベツ、エノキ、キムチがメイン

 作り方はいたって簡単。ざっくり切った野菜を鍋に入れ、みりんやニンニク、出汁を加えて煮込みます。「アウトドアスパイス ほりにし」で味付けをしておいた牛すじ肉を投入し、火が通ったらキムチを入れ、味噌パウダーで味を整えて完成です。厳冬期なら、豆板醤などで辛味を増すのも良いでしょう。

 シメにはうどんを入れてみました。煮込むほどにネギやキャベツがしんなりとして、うどんによく絡みます。それでも汁が残ってしまったので朝食に使います。即席麺(塩らーめん)を入れて煮込んだところ、牛肉の旨味がある野菜ラーメンになりました。ご飯を入れておじやにするのも良さそうです。

【了】

【画像】簡単調理のキャンプ飯「キムチ牛すじ鍋」を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事