ホンダ「CBR250RR」最新モデル登場 新しい外装色を追加し発売

ホンダは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日に発売します。最新モデルではシンプルなブラックの外装色が追加されました。

幅広い層に支持されるCBR250RR

 ホンダは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日に発売します。

ホンダ「CBR250RR」の新色グラファイトブラック
ホンダ「CBR250RR」の新色グラファイトブラック

 国内外の幅広いユーザーから支持されているCBR250RRは、剛性としなやかさを両立させた鋼管トラス構造のフレームに、低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹け上がるスーパースポーツならではの出力特性を高次元で両立させた排気量249ccの直列2気筒エンジンを搭載したモデルです。

最高出力41PS/13000rpmを発揮するホンダ「CBR250RR」のエンジン
最高出力41PS/13000rpmを発揮するホンダ「CBR250RR」のエンジン

 2020年のモデルチェンジ時には出力向上やアシストスリッパークラッチの採用など熟成が図られたCBR250RRではフロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを採用。

 制動時の安心感をより高めるABSを標準装備することで、安全性も高められています。

 シンプルなカラーリングで精悍なスタイリングを際立たせた「グラファイトブラック」を新たに採用したCBR250RRの価格(消費税10%込)は82万1700円からで、販売計画台数(国内・年間)は3500第となっています。

【画像】ホンダ「CBR250RR」最新モデルの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事