ドニー・イェン&ニコラス・ツェーが本気でぶつかる!『レイジング・ファイア』

世界的アクションスター、ドニー・イェンと、中国映画界のサラブレッド、ニコラス・ツェーが待望のW主演を果たした香港警察アクション映画の新たなる金字塔『レイジング・ファイア』が、2021年12月24日(金)より全国公開されます。

香港アクションの神髄を見よ!

 中国武術のレジェンドを演じた『イップ・マン』シリーズ(2008~2019年)から、あの金字塔シリーズに参戦した『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)、そして『ジョン・ウィック』シリーズ最新作への出演も話題の世界的アクションスター、ドニー・イェン。そんなドニーが、『孫文の義士団』(2009年)で共演し高い評価を得た中国映画界のサラブレッド、ニコラス・ツェーと待望のW主演を果たしたのが『レイジング・ファイア』です。

『レイジング・ファイア』(c)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED
『レイジング・ファイア』(c)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

 中国で公開4週連続1位を記録し、興収220億円突破の大ヒットとなったという本作でドニーとニコラスが演じるのは、すべての悪を憎む熱血漢チョン警部と、かつて彼を師のように慕っていた元エリート警察官の犯罪者ンゴウ。何があろうと正義を貫く男と、正義に絶望し復讐に燃える男のぶつかり合いを、ド派手な格闘アクション満載で描きます。

 本作の見どころはもちろんアクションシーンですが、単純な“善vs悪”の対立構図ではない、サスペンスフルで奥深い人間ドラマも大きな見どころ。監督を務めたベニー・チャンは、ジャッキー・チェン主演作『香港国際警察/NEW POLICE STORY』(2004年)など数多くのポリス・アクションを大ヒットさせてきましたが、サスペンスとヒューマンドラマを融合させる名手としても知られています。

 残念ながらベニー・チャンは2020年に58歳の若さで他界してしまいましたが、遺作となる本作で、香港警察アクション映画の新たなる金字塔を打ちたてました。監督の長年の友人であるドニーも、主演だけでなくプロデューサー/アクション監督を兼任するなど思い入れたっぷりのようです。

『トリプルX:再起動』(2017年)ではKTM450XC-Fを駆るドニーを観ることができます(写真は2022年モデル)
『トリプルX:再起動』(2017年)ではKTM450XC-Fを駆るドニーを観ることができます(写真は2022年モデル)

 さて、本作には警察車両としてBMW R1200RT-Pがチラリと映りますが、『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』(2010年)では長江750M1M、『スーパーティーチャー 熱血格闘』(2018年)では長江750Bとハーレーダビッドソンスポーツスター、『トリプルX:再起動』(2017年)では水陸両用(!)のKTM450XC-Fなどなど、多くの作品でドニーがバイクを駆る姿を見ることができます。

『レイジング・ファイア』(c)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED
『レイジング・ファイア』(c)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

 映画『るろうに剣心』シリーズ(2012~2020年)などで知られ、本作のスタントコーディネートを担当した谷垣健治も「肉体の痛みの表現を追求した」とこだわりを語る、香港アクションの神髄が詰まった『レイジング・ファイア』は2021年12月24日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開です。

『レイジング・ファイア』予告編

【画像】『レイジング・ファイア』の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事