どのエンジンオイルが最適? 車種ごとに違うオイルの選び方を徹底解説

バイクのエンジンオイルは、バイクの性能を維持する上で重要な役割を持っています。そのため、愛車に長く乗る為にも、最適な選択をすることは重要です。そこで、バイクのエンジンオイルの選び方をご紹介します。

エンジンオイルの役割と種類に注目

 バイクのエンジンオイルは、バイクの性能を維持する上で重要な役割を果たしています。そのため、バイクの車種によって適したオイルを使用することが重要です。

 そこで、バイクのエンジンオイルの選び方をまとめてみました。

オイル交換は重要なメンテナンス
オイル交換は重要なメンテナンス

 そもそもエンジンオイルは、エンジン内部の潤滑、冷却、洗浄、防錆、密封作用の5つの役割を持っています。

 まず潤滑は、エンジン内部で擦れ合うパーツの摩擦を減らし、動きをスムーズにする作用。

 そして清浄は、エンジン内部のパーツ同士が擦れ合ってできる細かな金属片や汚れなどをオイルに取りこむことで、エンジン内部に異物が蓄積するのを防いでくれます。また、エンジンのシリンダーと、その内部で上下運動を繰り返すピストンの間には、僅かに隙間があります。この隙間から混合気や燃焼ガスが抜けると、シリンダー内の圧力が上がりません。そこで、エンジンオイルが隙間を埋め、密封して防いでいるのです。

 さらに、混合気の燃焼によりシリンダーとピストンは高温にさらされるため、オイルを吹きかけることで発生した熱を吸収。温度が一定以上にならないように冷却してくれる効果も。

 防錆作用はエンジン内部にオイルで油膜を作ることで、エンジン内部の錆や各パーツの劣化、腐食を防ぐ作用です。

エンジンオイルには様々な種類がある
エンジンオイルには様々な種類がある

 ちなみに、エンジンオイルには鉱物油、部分化学合成油、100%化学合成油の3種類があり、それぞれに特徴があるため、バイクごとに適したエンジンオイルを選ぶほうが、コンディションの維持に効果的。

 まず鉱物油は原油が原料となっており、蒸留した際に残る重質油を精製したオイルです。温度の影響で粘度が変化しやすい上に酸化しやすいというデメリットが有りますが、製造にかかるコストが安いため、販売価格が安価です。コスパを重視した使い方に適しており、通勤や通学など使用回数が多いスクーターや、小排気量のバイクに向いたエンジンオイル。その反面、スポーツ走行などバイク性能を追求するような場面には不向きです。

バイクにあったエンジンオイルを選ぶことが重要
バイクにあったエンジンオイルを選ぶことが重要

 部分化学合成油は、鉱物油と化学的に合成したオイルをブレンドしたもの。オイル性能とコストの両方が追求されており、熱に対しても鉱物湯より安定した性能が期待できる上に、購入しやすい価格帯に設定されていることが特徴です。普段使いやロングツーリング、スポーツ走行にも対応可能な使い勝手の良いオイルといえるでしょう。

 そして100%化学合成油は、化学的にエンジンオイルに必要な性能が追求されたもの。時期による粘度の変化が少なく、寒い季節から真夏の暑い日まで、潤滑油として高い性能を発揮します。価格が他の2種類のオイルよりも高くなる傾向にあるものの、小排気量からリッタークラスのバイクまで、広く使用することが可能。走りを追求したバイクの使い方をする場合は、100%化学合成油が適しています。

エンジンオイルを選ぶ際は取扱説明書を確認!

 では、エンジンオイルはどのように選べば良いのでしょうか。

エンジンオイルに迷ったらバイクの取扱説明書を参考にする
エンジンオイルに迷ったらバイクの取扱説明書を参考にする

 エンジンオイルの選び方でもっとも参考になるのは、メーカーの取扱説明書です。これは、それぞれの車種に合わせたメーカー推奨のエンジンオイルの記載があるため。ホンダのバイクを参考にしてみると、それぞれのモデルに合わせて推奨されているオイルの種類が異なります。

 例えば、「モンキー125」の推奨エンジンオイルは、ホンダ純正ウルトラG1部分化学合成油で、粘度は10W-30を推奨。「GB350」の場合は、ホンダ純正ウルトラG1の部分化学合成油の粘度5W-30、または10W-30とふたつの粘度が推奨されています。この粘度5W-30という数値はエンジンオイルの硬さで、5Wは外気が低温の時、30が高温の時のオイル粘度です。

 そもそも、粘度とはオイルの硬さ。数値が高いほど粘度は硬く、暑い環境下でもオイルの潤滑や密閉などの作用を維持できますが、低温時はエンジン内部パーツへの負荷が大きいため、低速走行をすると燃費が落ちることが特徴。

 一方で、数値が小さければ小さいほど、外気が低温でもオイル性能が保たれます。冬などエンジンが冷えている時の始動性の向上や低燃費に効果的ですが、エンジンを高回転で回すと、エンジンオイルの潤滑や密閉作用が落ちてしまいます。

 つまり、前述の5W-30は低温と高温、異なるふたつの温度帯に対応できるオイルということ。ちなみに5W-30は、外気温がマイナス30度から40度ぐらいまで、一定のパフォーマンスを発揮できるオイルです。

オイル交換は重要なメンテナンス
オイル交換は重要なメンテナンス

 なお、季節を問わずに使用できるオイルをマルチグレードと呼び、オイルの粘度表記はSAE規格。したがって、粘度5W-30と10W-30の2種類では、10W-30のほうがより低温でもオイル性能が維持できるということになります。

 ちなみに、エンジンオイルの交換頻度も取扱説明書に記載があり、モデルごとに推奨されている交換時期・距離が異なります。

 例えば、前述のモンキー125のエンジンオイル交換は3000kmごと、または1年に1回と記載されていますが、PCXは6000kmごと、または1年に1回とされており、GB350は3000kmごと、または1年に1回。つまり、エンジンオイルの選び方や交換時期に迷った場合は、取扱説明書を参考にすると確実です。

※ ※ ※

 バイクのエンジンオイルは、コンディションを維持する大切な役割を持っているため、適切なタイミングで交換することが重要です。交換時期やエンジンオイルの種類に迷ったら、メーカーの取扱説明書を確認するようにしましょう。

 乗っているバイクに適したオイルの種類とタイミングで愛車をメンテナンスすれば、長く愛車に乗り続けることが可能です。

【画像】バイクの重要なメンテナンス!オイル交換を画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事