ホンダ「CMX1100T Rebel」 レブルシリーズ最大排気量モデルのツーリング・バージョン登場【EICMA2022】

ホンダは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「CMX1100T Rebel」を公開しました。

レブル1100のツーリング性能を高めた最新モデル

 ホンダは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「CMX1100T Rebel」を公開しました。

ホンダ「CMX1100T Rebel」
ホンダ「CMX1100T Rebel」

 2020年に登場し、日本では「レブル1100」として導入されているCMX1100 Rebelは、「CRF1100Lアフリカツイン」から引き継いだ排気量1082ccのパラレルツインエンジンを搭載した大型クルーザーモデルです。

 派生モデルとなるCMX1100T Rebelは、ツーリング時の快適性を高めるエアロダイナミックハーフフェアリングとハードパニアケースを装着しらモデルで、CMX1100と同じくウィリーコントロール、クルーズコントロール、3つのデフォルトライディングモードなど最新の電子制御を搭載。

 ミッションにはクラッチ操作不要でマニュアル車のようなライディングを楽しめる「Dual Clutch Transmission(デュアルクラッチトランスミッション)」が搭載されています。

 足つき性に優れたモデルとして、大型初心者にも受け入れやすいCMX1100シリーズ。日本への導入時期が気になるところです。

【画像】ホンダ「CMX1100T Rebel」を画像で見る(25枚)

画像ギャラリー

最新記事