コンパクトさが逆に良い!? ヤマハ「YZF-R125」に試乗 クリステル・チアリのSUNNY RIDE

Aloha Happy Friday! 今週もクリステル・チアリの “The next station is...SUNNY RIDE!”
今週もご乗車いただきありがとうございます!

コンパクトさが最高の1台

 今週は、ヤマハ「YZF-R125」の走りをクリスなりに分析!

 前回はオトコマエ度をたっぷりと紹介しましたが、サイズ感のおさらいを数字でまずは見ていきましょう。

 車体サイズは全長2030mm、全幅725mm、全高1135mm、シート高815mm、車量141kgと、とてもコンパクト。身長170cmの私はかなり小さく感じましたが、他の原付2種と比べるとドッシリ。

 大きさもコンパクトやし車重も141kgと軽いので、エンジンをかけずに移動する際も、跨った状態でも降りて押すにもとっても楽。

 そしてハンドルがセパレートで小回りも効くから、方向転換も躊躇なく動かせた。何の不安もなくルンルンでエンジン始動!そしてミラーを合わせて、いつも通りレンタル819東名横浜店を出発。

ヤマハ「YZF-R125」の足つき(身長170㎝)
ヤマハ「YZF-R125」の足つき(身長170㎝)

 脇道からすぐにワイディングの多い山道に入るか、バイパスでピューっと走るか、いつも迷いどころだけど、今回は迷いなく幹線道路へ進入!スポーツバイクやもん、パワーを感じたいやん?

 ビューンと軽快に走り出したYZF-R125。パワーでいうと、やはり125㏄なので、ウォーーーとは加速していかないけど、マシンの軽さが手伝って、その分しっかりと上がっていく感じ。

 グッと身体をなるべく前に倒してタンクをしっかりと脚で挟み、ハンドルの位置から腕もしっかりとタンクに沿うようにして、ストレートを走ってみた。ウィンドスクリーンが避けた風が、ヘルメットの上に抜けていく。ミラーも大きくて、見やすい。

 ステップの位置も後ろすぎず、足が引っ張られないと同時に、不思議とお尻が上がっているはずのシートだけど、低めに作られているから、スポッとハマるように身体がフィットして、ちょうどいいところに収まってくれる。

クリステル・チアリさんが試乗したヤマハ「YZF-R125」
クリステル・チアリさんが試乗したヤマハ「YZF-R125」

 ブレーキングもスーッと気持ちよく減速してくれるし、減速時も身体が前に押されなくて、心地よく止まれてびっくり。

 コーナリングも前から沈むというより、心地よいポジションのままリアから沈んで、体を支えながら曲がってくれるみたいで、身体を起こした状態で街中ライドしても、手首に負担がかからなかったのが、何とも嬉しかった点。

 山道でのアップダウンも快適そのもの。コンパクトで最初は不安に思ったけど、コンパクトだからこそ、ハンドル、タンク、ステップにガッツリ力を加えるのではなく、そっと添えるだけでフィットして、楽に乗れて思いっきり楽しめた感じ。

 原付2種なのに、なんか豪華でめっちゃテンションが上がる1台。普通二輪免許を取りたいけど、まだ取れへんねんって人にもぜひオススメしたい。

 そんな最高な一台に出会えた、年始のクリスさんでした!

 良きライドをthank you!!!また次回もSUNNY RIDEよろしくお願いします。

 Have a great weekend!

ChristelleCiari🌈🎙🚃

【画像】ヤマハ「YZF-R125」の走りを楽しむクリステル・チアリさんを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事