原付二種の人気モデル ホンダ「モンキー125」と「グロム」の使い勝手と乗り心地をワーママ目線で比べちゃいました!

原付時代のモデルを踏襲したホンダ「モンキ―125」のデザイン
ウィングロゴのメダリオンが備えられた台形型のタンク
速度と燃料、切り替え式のオド/トリップが表示されるホンダ「モンキー125」の丸いメーター
歯切れのいい排気音を奏でるホンダ「モンキー125」のアップタイプ・マフラー
コンパクトだけどマッスル感のあるたくましいルックスが与えられたホンダ「グロム」
上下2眼のスクエア型デュアルLEDヘッドライトを備えたホンダ「グロム」
エンジン回転数をバーグラフで表示する液晶タイプのデジタルディスプレイを採用するホンダ「グロム」
シート下に小物入れを備えたホンダ「グロム」
ホンダ「モンキー125/ABS」(左)と「グロム」(右)
1961年にレジャー施設の遊具として誕生した初代モンキーZ100
大型化されたことで安定感の増したホンダ「モンキー125/ABS」
ホンダ「グロム」と筆者(守田二草)
ダイレクトな操作感を味わえるホンダ「グロム」
身長158cm(ヒール3cm)の筆者がまたがった際の足つき比較(左:モンキー125/右:グロム)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事