どうやって積めばいい? 「トランポ」を使いこなすために最低限必要な三種の神器と心構えとは

ライダーでもあるオグショースタッフは、バイクの積載に関しても熟知しており、積載初心者のためにレクチャーしてくれることもある
強い力で引っ張っても耐えられるフックは、車の構造を熟知している専門店に装着してもらうのが確実
日産「NV350 キャラバン」スーパーロングボディ・ワイド・ハイルーフにバイク2台を積載した状態。2段式ベッドキットなどを内装していても余裕があり、ライディングギアやクーラーボックス、工具箱、ガソリン缶など、多くの荷物も積んで移動できる
トランポに「アルミスロープ」を設置すれば、ただ短い坂でバイクを押し引きする感覚で積載できる
「フロントホイールクランプ」に前輪を載せると手を放しても直立するので非常に便利
ホンダの軽自動車「N-VAN」に「CRF125F」を積み、固定した状態
「N-VAN」の場合はバイク(小排気量)の積載も考慮した内装になっている
バイクの積み降ろしに必要不可欠なラダーレールは、積み込むバイクの大きさによって強度や形状を選ぶ
トランポに取り付けるタイプの「アルミスロープ」(参考:オグショー)は4段階の伸縮式となっており、格納時はほぼ4分の1の長さとなってリアゲートの内側へ立てて固定できる
オフロードバイクの場合、ハンドルの高さから左右で引っ張って固定する方法が最も効果的。フロントフォークを必要以上に沈み込ませず、フォークシールのダメージも最小限に抑えることができる
ロードバイクの積載は前輪を専用のストッパー(フロントホイールクランプ)で固定し、床下からのタイダウンベルトで引っ張るのが一般的な積載方法

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事