あの時、『オレたち』は若かった 80年代のレーサーレプリカブームを振り返る

ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ヤマハ「TZR250」。1985年にヤマハから発売されたTZR250(1KT)はアルミデルタボックスや前後17インチのホイール、フローティングのブレーキディスクローターなど、まさに本格的なレーサーといえる仕様。レーシングマシンのYZR500と同時開発、というフレーズもマニア心を熱くするモデルでした。アルミフレームにフルカウルというフォーマットはスズキの『Γ』が元祖ですが本格的な『レーサーレプリカ』はこの一台が起点といえるでしょう
ホンダ「NSR250」。TZRの1年後、ホンダから登場したNSR250(MC16)はシングルシートのようなテール部のデザインや『目の字断面アルミフレーム』など、よりレーサーらしいスタイル。1988年に登場した『SP』はマグネシウムホイールと乾式クラッチが採用されており、まんま『レーシングマシン』に保安部品を付けたかのような仕様となっています。フレディ・スペンサーが世界GPの250ccと500ccでダブルタイトルを獲得したことを記念する『ロスマンズカラー』も懐かしいです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
スズキ「RGV-250Γ」業界初のアルミフレームやフルカウルを装備した『Γ』は1988年にRGV250Γに進化。NSRと同じく2ストV型エンジンを搭載し、フレームもアルミツインスパーフレームを採用。また同時にリリースされた『SP』仕様はクロスミッションやフルアジャスタブルのフロントフォーク、リザーバ別体のリアサスを採用され、シートもシングルシート。こちらもまんま『レーサー』といえる仕様となっています。一時、撤退していた世界GPの500ccクラスでチャンピオンを獲得したケビン・シュワンツの『ペプシカラー』も懐かしい限りです
ヤマハ「RZ250R」
スズキ「RGV-Γ」
レプリカブームの口火を切ったスズキ「RG250Γ(ガンマ)」
筆者(渡辺まこと)に衝撃を与えたヤマハ「TZR250」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事