スポーティで上質 ヤマハのATスポーツモデル「TMAX560」が作り上げた独特の世界観とは?

身長183cmの筆者(松井勉)がシート高800mmの車体にまたがった状態
身長183cmの筆者(松井勉)がシート高800mmの車体にまたがった状態
ヤマハ「TMAX560 ABS」(2020年型)カラー:マットグレー。ウインドスクリーンは取付けボルトの差替えにより55mm差でHi/Lowの2段階調整が可能
ヤマハ「TMAX560 ABS」(2020年型)カラー:マットグレー
フロントブレーキには直径267mmのダブルディスク、対向4ポットキャリパーをラジアルマウントし、リアブレーキには282mm大径シングルディスクブレーキを装備
スマートキーシステムの採用でキーシンダーは無く、電源のオン/オフ、エンジン始動/停止、ハンドルロック/解除など、ハンドル周りのスイッチで操作する。また、左側スイッチボックス下部にパーキングブレーキレバーを装備
幅広で段付き形状の前後一体型シートは、表皮素材の切り替えしやブルーのステッチなど上質感を演出する装飾も施されている
シート下収納にはルームランプも装備。リアヒンジ式のシートや給油口のフタを開錠するスイッチは座面前方部に設置される
右側ハンドル下には奥行きのあるフロントトランクを配置し、12VのDCジャックも装備
4灯のヘッドランプとコンパクトなウインカーにはLEDを採用
“T”をモチーフとした新デザインのテール&ストップランプ、ウインカーにはLEDを採用
ヤマハ「TMAX560 ABS」(2020年型)に試乗する筆者(松井勉)
ヤマハ「TMAX560 ABS」(2020年型)カラー:マットグレー
走行フィーリングに寄与する2次駆動ベルトには25mm幅のカーボン系繊維を採用
ヤマハ「TMAX560 ABS」(2020年型)に試乗する筆者(松井勉)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事