初代モンキーよりさらに小さい「リトルモンキー」 微笑みの国「タイ」で生まれた微笑ましい姿のコンプリートバイク

35ccのホンダ製芝刈り機エンジンに合わせ、フレームやフォーク、ホイールなどが製作されたこのマシン。すべてを縮小した姿が何とも愛らしい雰囲気を醸します
35ccのホンダ製芝刈り機エンジンに合わせ、フレームやフォーク、ホイールなどが製作されたこのマシン。すべてを縮小した姿が何とも愛らしい雰囲気を醸します
タータンチェックのシートはホンダZ50Mを彷彿とさせるもの。こちらも可愛らしいデザインとサイズです
タンクも『リトル・モンキー』の車格に合わせて製作したもの。ロゴのイラストもマシンのキュートさを強調します
製作は『Custombike99』、販売は『K-SPEED』が担当。ちなみに『K-SPEED』は現在、日本でもディーラー網を展開し、パーツを流通しているのですが、残念ながらリトルモンキーを日本で販売する予定はないとのことです
イメージソースとなったホンダZ50Aモンキー(左)と比較しても、その小ささが伝わるであろう一枚。Z50Aの1225mmという全長から察するにおそらく900mmほどのサイズです
お子様が走らせてみても車格はご覧のとおり。排気量やサイズ的に公道走行は難しいかもしれませんが、サーキットなどでピットバイクとして使えば注目を集めそうです

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事